釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

餅ロン

d0077607_00475758.jpg

土曜のジギング釣行が中止になって、いちばん喜んでいるのは、もちろんナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)くん!
[PR]
# by xf5u | 2018-01-20 00:46 | Comments(0)

やっぱり薔薇薔薇

d0077607_23335592.jpg

最近買ったCDといえば、“SILENT SIREN”と“のん”と“電気グルーヴ”。
見事に統一感がない。
君に薔薇薔薇……という感じ。
[PR]
# by xf5u | 2018-01-18 23:31 | Comments(0)
d0077607_19172770.jpg

映画『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』《西遊記之大聖帰来 / MONKEY KING:HERO IS BACK》(監督:田暁鵬 / ティエン・シャオポン)を観た。
出張後に劇場へ急いだから、中盤ねむくなったのは止むを得マイヨ・プラート@『機甲戦記ドラグナー』。
さて、たいして期待せずに観たが、CGアニメーションとしてのクオリティはけっこう高かった。カッコイイ動きやアングルも印象に残る。途中、京劇のようなアクションもあり、新鮮に感じた。
ただ、クライマックス以降にはバトル・ステージが崩壊しまくるため、全体像や位置関係がわかりにくくて辛かった。
続篇、つくるのかな?
[PR]
# by xf5u | 2018-01-17 19:15 | Comments(0)

泥棒の夢

d0077607_00375220.jpg

『カレーハウス CoCo壱番屋(鈴鹿三日市店)』さんで食べた、「手仕込 豚ヒレ勝つカレー+半熟タマゴ タルタルソース+エビにこみ カレー(300g/1辛)」(1276円)。
なかなかに贅沢なミキシング。
ゆうべ(今朝)の夢は、泥棒モノだった。
前半は、ストーリィ展開はよくわからないが、ラストのセリフが「そうか!狙いは指輪の宝石じゃなく台のほうだったんだ!」だった。
後半は、ジャケットに「女神が描かれたCD」を三枚揃えるために盗む泥棒の話だった。三枚揃ったときに何が起こるのか……みたいな。
昨日と今日の夢の話を職場でしたら、「今年もストレス・チェックで『ストレスなし、ストレスの原因もなし』と出たのは正解だったんだ」みたいに言われた。
……ストレス、けっこうあるつもりなのに。
[PR]
# by xf5u | 2018-01-16 20:05 | Comments(0)

大河な夢

d0077607_00233822.jpg

写真は日曜、3時間あるいて窓辺でうたたね中のナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)さん。
月曜の朝は、ちょっといつもとは違う気分で目覚めた。
それは、夢がおもしろかったから。
ひとり銃ナシでサバゲーに参戦したり、御来光を見に行ったら、昇りかけた太陽が逆に沈んだり、かつての同僚とはまた別のN田氏が登場して慌てたり……。
意味不明のシーンだらけだったけれど、一部のシーンが見事に伏線となっていて、大河ドラマのように長い歳月を経てから繋がったときには、わが夢ながら感動した!
ああ、こういう夢をしょっちゅうみたいものだ。
[PR]
# by xf5u | 2018-01-16 00:17 | Comments(0)

やっぱり麻黄湯

d0077607_19420751.jpg

土曜、激しい下痢と悪寒が止まらず、全身の関節痛はあるわだるいわ、測ってないけど多分熱が出てる、そして咳するたびに喉の奥から血の塊が出てくる酷い状態だった。
でも、最近ずっと頼っている「空腹時に麻黄湯(ドリンク)」作戦で、すっかり快復した。
まさに、ありがとう、麻黄湯。
そんな私は、映画の上映前の予告篇だけでなく、劇場ロビーにもやたらと流れているあの曲が脳内リピート中。そう、映画『不能犯』の主題歌であるGLIM SPANKY『愚か者たち』。
予告篇といえば、映画『マンハント』は、特報の段階ですでに白い鳩が飛んでいたな。さすが、ジョン・ウー。
[PR]
# by xf5u | 2018-01-14 19:39 | Comments(0)
d0077607_17263406.jpg

映画『ネイビー・シールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』《RENEGADES》(監督:スティーブン・クォーレ)を観た。
まず、ヒロインを演じたシルヴィア・フークスはかなりお美しい。
そして、上官役のJ.K.シモンズはなかなかのおもしろキャラ。
……だからこそ、メインのシールズ・メンバーにイマイチ個性がないのが惜しい。
ストーリィとしては、間違いなくツッコミどころ満載だけど、痛快で楽しいから良いと思う。残酷なシーンもほとんどないし、あっても一瞬で終わる。
ラストの敵ボスキャラ戦もあっけなく片づくから、不満な人は不満なんだろうけど、私はこれくらいアッサリしているほうが好感がもてる。
予告篇の「第九」をガンガンに鳴らしてヒャッハーッみたいな感じとは違うものの、アタマつかわなくても観られる楽勝さは素敵。
最後、変に泣かせにくるのも、まぁ、アリですな。
[PR]
# by xf5u | 2018-01-14 17:24 | Comments(0)

『罪の余白』

d0077607_13325834.jpg

11:55、『罪の余白』(芦沢 央)を読み終えた《相性B+》。
劇場で映画版を観たのは、もう2年半も前になるのか。読んでいて、「なぜかディズニー云々の台詞、言う前に言い当てちゃったなぁ」など、懐かしく思い出した。
さて、本作だが、何より発達障碍のあるサブキャラの存在が活きている。女子高校生たちのパワー・バランスや娘を喪った父親の心理だけでは、これほどの作品にはならなかっただろう。ベタの使い方も上手い。
ただ、iPhoneも出てくる現代の作品なのに、高校のクラス名簿に住所が掲載されているなんて、ありえないと思うのだが。
[PR]
# by xf5u | 2018-01-14 13:24 | Comments(0)
d0077607_17580101.jpg

映画『劇場版 進撃の巨人 Season2 ー覚醒の咆哮ー』(監督:肥塚正史)を観た。
基本、TVシリーズの総集編なのだが、Season1の 時は前後編で映画化したのに、2は一本だから、切るのは余計に苦しいはず。
だいたい、予想どおりのシーンがカットされていた。クリスタとユミルの雪山訓練の詳細とか。
そしてラスト、ミカサの「言っておきたいことがあるの」のくだり、スクリーンで観ると迫るものがパワー・アップした。
おまけの新リヴァイ班のシーンにはほっこりした。「野生動物じゃないんだから……」って!
エンドロール後は、TVシリーズSeason3の告知。これは予想的中だが、その台詞をもって来ちゃうとは。
d0077607_21433378.jpg

入場者プレゼントは、コースターだった。イラストは、兵長。
[PR]
# by xf5u | 2018-01-13 17:57 | Comments(0)
d0077607_16423220.jpg

映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』(監督:志水淳児)を観た。
平成な要素も多分に含んでいるが、思った以上に昭和寄りの作品だった。
でも、それならそれで、例えばジェット・スクランダーのシーンに「大空はばたく紅の翼〜」と、『空飛ぶマジンガーZ』の曲を入れるとか、グレート登場シーンにテーマ曲を入れるとかすれば、もっと燃える(萌える、ではない)のに。
全体的に、サーヴィスたっぷりの内容で、ボスボロットもちゃんと活躍したのは良かった。
弓教授がしれっと総理大臣に就任していたのは凄いけど、弓さやかはアフロダイAに乗らなきゃウソでしょ。
d0077607_21452917.jpg

入場者プレゼントは、「ミニスタンディ」だった。
[PR]
# by xf5u | 2018-01-13 16:41 | Comments(0)