釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

『月光のスティグマ』

d0077607_13365868.jpg

13:29、『月光のスティグマ』(中山七里・著)を読み終えた《相性B+》。
最初の章で、変質者とか事件とか震災とかが起こり、怒涛というしかない展開に。
だからこそ、次章以降を読み進めるのが辛かった。不幸の予兆しか感じられなかったから。
そして、結末。そうきたか、と本を閉じた。この作品自体が、トラウマのように残ってしまうことを感じながら。
メインの謎は完全に予想どおりだったが、そんな謎解きなんて、些細なこと。
……次は、なにかライトな作品を読んでみるか。
[PR]
by xf5u | 2017-08-14 13:30 | Comments(0)