釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

<   2007年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

この笑顔!

d0077607_22355853.jpg

 この笑顔に会いたくて、せっかくだからもっとゆっくりしたいところを、早い時刻の「のぞみ」に乗って帰ってきたんだ!私のクルマが駐車場に入るやいなや、甘えた声で呼び続け、ものすごい勢いで駆けてきて、本当にジャンプしてしがみついてきたんだから!愛しているぜ、ナイアス・ブリュンヒルデ!
[PR]
by xf5u | 2007-07-31 22:35 | Comments(0)
d0077607_197751.jpg

 18:15、「のぞみ」の車内で『三人目の幽霊』(大倉崇裕・著)を読み終えた《評価B+》。落語とミステリは相性がよく感じられるが、北村薫という先行馬があるだけに、つらいなぁ。
 桑名のFさんたちは、池の浦の筏でチヌ釣り。Fさん、なんと3投目で28cmを釣り上げ、30分ほどで49.5cmのも釣ったという。もう、「年なし」と呼べる大物ジャマイカ!もうひとりのFさんも30cm弱者の「本命」を釣ったらしい。いいなぁ。
 前回7/25の場所を「紀伊長島」と主張したのはMさんで、私は「三ヶ所」を希望していた。結局、Mさんの意見を通したのだが、同日「三ヶ所」では、あの吉田正利名人が、22枚ものチヌを釣っていた。正直、自分は釣れなくてもいいから、名人を間近で見たかった……。できればサインでももらいたかった……。だけど、名人クラスともなれば、我々のように「一番船~最終便」みたいなことはせず、「ゆっくり乗って早上がり」なのかもしれないな。『My釣魚図鑑』に「アカカマス」と「サッパヤドリムシ」を加えられただけ、良かったのか……?
[PR]
by xf5u | 2007-07-31 19:07 | Comments(0)

アキバ歩きから任務へ。

d0077607_133527.jpg

d0077607_1335265.jpg

d0077607_1335285.jpg

 ゆうべの記事、最後の写真について何の説明も書かなかったが、単純にコンビニで買って食べた「北海道チーズプリン」なのだ。
 朝から濃ゆい街・秋葉原を歩き、ええい、ままよ!とばかり、メイド喫茶でオムライスを食べる。『@ほぉ~むカフェ・秋葉原ドンキ5F店』でご主人さまとなったひととき。メイドの「まろ」さんはオムライスにケチャップで「ハートの中のネコ」を描き、「にゃ」の文字も付けてくれた。だが、まろやかに仕上げるための「おまじない」を一緒にやらされるのには、ご主人さまも参った。なんか、映画の撮影もやっていたが?
 今は日比谷で重要な任務についている。秋葉原駅前でもらった『めざましマガジン』がちょっと嬉しい。さて、「おでん缶」に続く「らーめん缶」は売れているのか?「肉じゃが缶」とかもあるし……。
[PR]
by xf5u | 2007-07-31 13:03 | Comments(0)

癒やしと偶然

d0077607_0155245.jpg

d0077607_0155266.jpg

d0077607_0155270.jpg

 今日は1日に何回投稿したんだろう。(この記事を書いている途中で、日付かわりましたね)。
 さて、『池袋サンシャイン国際水族館』『ゲゲゲの鬼太郎夏祭り』を出た私は、やはりワールド・インポート・マート内の『サンシャイン スターライトドーム・満天』で、「ヒーリング・プログラム」を観た。要するにプラネタリウムなのだが、映像や音いじょうに、香りに癒された気がする。ふだんあちこちに力が入ってガチガチのカラダを意識的に緩め、腕組みしそうになる手を弛緩させ……、「この香りはカミツレとベルガモットと……」と分析したくなる脳をも緩めて……まさに半覚醒状態で「感じた」プログラム『天の川幻想』は得がたい経験となった。欲を言えば、隣に○○○○さんがいれば……。
 さて、その後はサンシャイン・シティ内のアルパ「味の小路」B1にある『中華そば・青葉』さんで「特製つけめん」(900円)を食べた。やはり超有名店、旨かった。おそらく同店の本日最後の客が私になったようだ。
 『池袋グランドシティホテル』さんの303号室に帰ってからは読書を続け、23:31に『桃 もうひとつのツ、イ、ラ、ク』(姫野カオルコ・著)を読了した《評価B+》。すぐにブログに投稿しようと、前に「あるひと」に送った『桃』の表紙写真データを探していると、23:32になんと、当の「あるひと」から、「『桃』読み終えたよ」というメールが来た。笑えるけれど、ほぼ同時に読み終えた偶然は、なんだか面白いよりも幸福感がある。『桃』所収の短篇『世帯主がたばこを減らそうと考えた夜』を読んでいたとき、外は雷雨だったが、どうやらあがったようだ。コンビニにでも行きたいが、ナイアスのことが気がかりでたまらなくなってきたから、気分転換にシャワーを浴びようと思う。あれ?もしかしてまだ降ってる?
 肝心の『桃 もうひとつのツ、イ、ラ、ク』の感想ですが、とにかく文章の巧さに圧倒された。せつないしいやらしいしこわいしやさしいし……やっぱりうまくいえないけど、すばらしい作品です。じゃあ、なぜA評価をつけないかって?なぜなんだろうね。きっと「とまどっているから」だろうね。過去と現在の自分の感情がもう、もやもやのはらはらで……。とにかくやっぱり、うまくつたえられません!
[PR]
by xf5u | 2007-07-31 00:15 | Comments(0)

池袋の夜

d0077607_19553689.jpg

d0077607_19553684.jpg

d0077607_19553630.jpg

 土用の丑、と突然思い出したので、『すき家・東池袋店』さんで「うな牛とん汁セット(並)」を食べた(800円)。あんまり期待していなかったが、予想以上に美味しかった。
 わが魂のふるさと『池袋サンシャイン国際水族館』では、「ナイト・アクアリウム」のプログラムを楽しむ。ペンライトを渡され、真っ暗な水族館を歩くのは、なかなか楽しい。
 そして、『鬼太郎夏祭り』での食事メニュー。食べはしなかったが、シェル・ポーチとメモ・パッドを買い、「一反もめんの絞り汁」を買った。いや、グレープフルーツ・ジュースなんだけどね。
[PR]
by xf5u | 2007-07-30 19:55 | Comments(0)

「のぞみ」車内にて

d0077607_1313367.jpg

 JR名古屋駅東海道新幹線上りホームで「名古屋コーチンきしめん」(840円)を食べ、そこに滑り込んできた「のぞみ」に乗る。発車まで時間がなかったので、指定席の車両から入り、中で自由席へ移動する。朝からサンシャイン・パークに行った割りに、どこも蚊に刺されていないのは、昨日買った「アース・おでかけノーマット」の効果か。
 おととい、久しぶりに潜ったPSP『ウィザードリィ・エンパイア』の迷宮。第3のダンジョンでは、シュートの連続のせいで、いきなり未知の地下3階に落とされた。そして出くわした敵は「オロチ」「ポイゾン・ジャイアント」「バス・ドラゴン」「オーガ・クラブ」の群。バス・ドラゴンやオーガ・クラブはたいしたことないが、オロチとポイゾン・ジャイアントは、通常攻撃もさることながら、毒によるダメージが大きい。リセットしてやろうかとも考えたが、「なんとか生き延びて帰還してやる」という反骨精神が頭をもたげる。なかなか見つからない上りの梯子を探し、更に「レッド・スライム」や「バイオ・ゾンビ」からも毒を受ける。手持ちの毒消し9個のうち8個を使ったところで、NPC(ノン・プレイヤー・キャラクター)が要求してきたのが、ズバリ「毒消し」。決死の覚悟でイベント・アイテム「釣りキチのロッド」と交換する。で……、艱難辛苦を乗り越えて無事に生還を果たしたとき、「隣り合わせの灰と青春」を実感できたのだ、と感慨深く思う。派手なグラフィックや演出でなく、「イマジネイション」で遊ばせてくれる『ウィザードリィ』だからこそ
味わえる感動。いやぁ、WIZって、ホントにいいもんですね。
[PR]
by xf5u | 2007-07-30 13:13 | Comments(0)

近鉄急行にて

d0077607_11464781.jpg

d0077607_11464774.jpg

 今日と明日は東京だ。シゴトは明日の午後だけだから、今日はゆっくりできる。なにしろ、昨日も早朝から遅くまでシゴトだったわけで、たまにはゆっくりさせてくれって。
 もっと早く家を出るはずだったが、甘えるナイアスを連れてサンシャイン・パークへ行く。ラジオは「激しい豪雨のため、東海道新幹線は浜松・静岡間で上下線とも運転を見合わせ」と報じている。「なんてこった、新幹線混むじゃん」よりも、「激しくない豪雨があるのかよ?」のほうが気になる。
 ナイアスはバッタを追いかけ、跳ねまわっている。コイツが今夜も私の帰宅を待つだろうことを想像すると、なんかもう、「ホテルをキャンセルして、明日の早朝に家を出ようか」という気になってしまう。
 ようやく乗り込んだ「白子11時12分発名古屋行き近鉄急行」で、『桃 もうひとつのツ、イ、ラ、ク』(姫野カオルコ・著)を開く。短篇をふたつ読んだところで、ゆうべの「女スパイ」との会話に意識がとぶ。人間の幸せって、難しいなぁ……。
[PR]
by xf5u | 2007-07-30 11:46 | Comments(0)
d0077607_23313971.jpg

d0077607_23313982.jpg

d0077607_23313937.jpg

 写真は、シル=ヴィス・レス・ヴィナース(紀州犬)、ナイアス・ブリュンヒルデ(パピヨン)、ウピゾナ・ヴァーデンヴァーグ(豆柴)の揃い踏み。周囲から「なんでそんなネーミング……」とばかり言われるが、先日釣れたサッパにくっついていた虫の名前が知りたくてネットで検索したら、なんと「サッパヤドリムシ」だった。そのままやん……。そんなネーミングのほうがダサダサだと思うが……。
 そして、昨日ナイアスと歩いた石垣池の夕暮れ。日が暮れるのが早くなったもんだ。夏至から1ヶ月も経つからなぁ……。
 最後の写真は、今日カットしてもらってサッパリした「夏物ナイアス」くん。バンダナも、貝とか蟹とか、海柄になった。……ついでに私は、ず~っと、ショート・カットの似合うオンナが好きだ。
[PR]
by xf5u | 2007-07-29 23:31 | Comments(0)
d0077607_1632486.jpg

d0077607_16324100.jpg
d0077607_1632472.jpg
d0077607_1632456.jpg

d0077607_163242.jpg
 『オールナイト・ニッポン』で定着した『ビター・スウィート・サンバ』にのせて「金麦と待ってるからー」って言われると、なんかちょっとドキる今日この頃、如何おすごしですか?
 偕楽公園ではしゃぎまわって帰宅してから、ず~っと昼寝してたナイアスが、「むくっ」と起きて、「てててて」と歩いてくる。そしていきなり、私の脚を舐めはじめる。「あぁ、よかった。もしも私が出かけていたら、この子は目覚めてから、私を探して淋しがっただろう……」と思う。それを、ぐ~たらの言い訳にする私。でも、今日は「鈴鹿八耐」の日で、渋滞は必至。だから、出たくないのだ。知人(っていうか、元クライアント)は今回レースクイーンはせずに、ブース担当なんだってさ。
 『金田一少年の事件簿・雪霊伝説殺人事件(上)(下)』は先が読め読めだったぞ。『わが身世にふる、じじわかし』(芦原すなお・著)を読み終えたのは27日の1:53だった《評価B+》。セリフのやりとりなんかはすごくおもしろいから、あとは各事件の謎の提示に「おどろおどろしさ」みたいなのがほしいな……。
[PR]
by xf5u | 2007-07-28 16:03 | Comments(0)

毒魚、毒女?

d0077607_1450470.jpg

 先日の釣行報告に追加。実は、納竿寸前、またまたまたまたまた掛かったゴンズイをリリースしようとしたのだが、疲れと油断と(本命が釣れない)諦めのせいか、ピチッと跳ねたゴンズイを避けられず、指にチクっと痛みが走った。瞬間、顔面蒼白になった。なにしろ、有名すぎる毒魚だ。刺されて苦しんだ話はさんざん聞かされてきた。とりあえず指を口に含んで吸い、海面に吐くと、真っ赤な血が広がる。やばい、傷口があるってことは、完全に刺されているじゃないか!口内に傷があったり、虫歯があったりすれば、そこから毒がまわるからかえって危険……ってことは知っているが、とにかくひたすら傷口から血を吸って吐く。
 結局、刺され方が浅かったのか、ちゃんと毒を吸い出せたからか、痛い思いをせず、助かった……。
 この日の釣り帰りは、鈴鹿サーキットの花火も見られたし、CDや本も買えた。大塚愛『PEACH』はともかく、ORANGE RANGEのベストは『RANGE』のほうだけ買った。
 釣りが水曜で、木曜はひたすら排球(夜は「とある」ブロガーと話し込んだ)、金曜は「とある」有名な噺家さんと電話でお話させていただき、土曜はナイアスと津の偕楽公園へ……。このあと日曜はやっぱりシゴトで、月曜と火曜は東京の予定……。
 なんか、やっぱりいそがすぃ~な。
[PR]
by xf5u | 2007-07-28 14:50 | Comments(0)