釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

<   2008年 12月 ( 64 )   > この月の画像一覧

善戦むなしく

d0077607_21483834.jpg

d0077607_21483868.jpg

d0077607_2148382.jpg

d0077607_21483878.jpg

 釣れ……なかった。まったく、なにも。今回も、ドルフィン・ウォッチングしただけ。9人乗船して、キャスティングでブリが2本上がっただけ。あとは、船尾で釣れた……マルソウダかな。ただ、上がった2本はなかなかのもので、89cmー7.3kgと86cmー7.1kgだから、ワラサ(メジロ)でなく、ブリと呼んでいいと思う。
 9人乗るとキツいんだし、皆さん、マナーは守ろうよ。自分が釣れなかったのを、他人のせいにはしないけどさ。何度もオマツリしてた人、サミングするとかジグのウエイトをあげるとかして、まっすぐ釣ろうよ。あなたのジグで、PEラインがグズグズになったから、キャスティング用のリールでジギングするしかなくて、ナブラ撃ちに挑戦できなかったんだって。言いたくないけど、PEラインを買い直すと、優に8000円くらいするんだし。あと、左の人が斜めにジャークすると、ロッドのティップが顔の前にきて、怖いんですよ。キャスティングするなら、船首を譲り合おうよ。急いで投げなきゃダメなんだけど、安全確認しようよ。キャビンの扉は、開けたら閉めようよ。仲間うちで騒ぎたいのはわかるけど、「釣れたふり」とかは、紛らわしいからやめようよ。オマツリなんて、お互い様なんだから、双方が「すみません」って、言おうよ。……楽しく釣りましょうよ、ね。
 しかし、釣りたかったなぁ。ブリ、ワラサ(メジロ)、イナダ(ハマチ)じゃなくても、マダイ、ヒラメじゃなくても、マハタ、ホウキハタ、アマダイじゃなくても、アカヤガラ、マトウダイじゃなくても、チカメキントキ、ハチビキじゃなくても……エソやサメは歓迎しにくいけど……それでも、なにも釣れないよりは……。
 どうせ今夜は年越し蕎麦を食べることがわかっていながら、『嬉野サービスエリア・軽食コーナー』さんで、「松阪牛肉そば」(850円)を食べた。
 そして帰宅したら、ナイアス乗せて、ダッシュで亀山サービスエリアへ!ナイアスと迎える年の瀬、いいもんだ。
[PR]
by xf5u | 2008-12-31 21:48 | Comments(0)

いません。

d0077607_13312459.jpg

d0077607_13312481.jpg

 ブリジット・ニールセン、ブリジット・バルドー、ブリトニー・スピアーズ、ブリタニカ百科事典、ブリジストン・タイヤ、ブリリアント・グリーン、ブリーズ・ライト、ブリック・パック、ブリキの太鼓、ブリッジ・ウォーク、ブリオレアス、ブーリン家の姉妹……。ブリなんて、いません。『ブギーウォーク・スレンダー』などというヘヴィなジグを投入しましたが、反応ありません。今日もイルカたちは乱舞しています。さぞかし、おいしいお魚を追い回しているのでしょう。……困ったもんです。
 いま、船はナブラを探して走り回っていますが、私は(隣のアングラーとのオマツリによるライン・トラブルで)キャスティング・ロッドにつけてあったリールを、ジギング・ロッドに付け替えたので、キャスティング戦線には参加しません。無理っす。
[PR]
by xf5u | 2008-12-31 13:31 | Comments(0)

大晦日だというのに。

d0077607_76351.jpg

d0077607_76381.jpg

 大晦日だというのに。年賀状、一枚も書いてないというのに。もちろん、大掃除なんてしてないのに。家でナイアスやウピゾナが「あそんで」と訴えているのに。ああ、それなのに、それなのに。今日も今日とて、船に乗る。風が強く、時化ることも承知のうえで、船に乗る。釣れもしないだろうに、船に乗る。……バッカじゃなかろうか……。
 でも、やめられないんだよねえ。青物とのファイトを覚えてしまうとね!今朝なんて、出船一時間以上前に到着し、『ガキの使い~』のDVDを観ていた。伊勢神宮は通過点。みんなは初詣の目的地なのに。……なんて、バチあたりなんだろう?
[PR]
by xf5u | 2008-12-31 07:06 | Comments(0)
d0077607_18422448.jpg

d0077607_18422481.jpg

d0077607_18422499.jpg

d0077607_18422550.jpg

 映画『レッドクリフ PartⅠ』《RED CLIFF PartⅠ》(監督:ジョン・ウー)を観た。忘れてた「無料招待券」を思い出したからね。それにしても、ちょっと、ぬかった。劇場に向かう途中、コーヒー飲みながら運転したこともあり、劇場内に、ひそかに『ヴィッテル』を持ち込んだこともあり……トイレの我慢ができず、ラスト・シーンのギリギリ前、トイレに抜けてしまった。映画好きとしては不覚だ。「孔明が鳩の羽根を扇いで乾かすシーン」~「蹴鞠のシーン」の間、たいしたエピソードがないことを祈る。時間にすれば、ごく短かった筈だけど。パンフには145分と記されているが、劇場の上映案内では170分になっている。予告篇なども含むから、か。ところで、先日観た『252 ー生存者ありー』のエンド・ロールで感心したのは、「この映画を撮影するにあたって、動物を虐待したことはありません」というテロップだ。イマドキのクリエイタは、こういう姿勢であってほしい。昨日のジギング釣行ではイルカの群にやられた感があるが、『252 ー生存者ありー』の冒頭シーンは、「つくりものorCG」とわかっていても、ショックだった
から。さてさて、ウーはどうだろう?馬や虎や亀や鳥たち、もちろん「ウーの白い鳩」も、痛い思いや苦しい思いをしていないことを祈る。
 またまたまた、「たこ焼きバカ」は誘惑に負けてしまいました。『芦屋・有閑さくら茶屋』さんの「しょうゆ8ヶ」(525円)、おいしゅうございました。
 先ほど、『第2テンヤ丸』の船長に電話した。明日は7時に船が出るが、風が強く、そうとう厳しいようだ。「船酔いはしないですか?」と、わざわざ尋ねられたのは初めてだから……つらいものになるだろう。今日はイルカを見なかったようだが、ブリの群は小さく、本日はキャスティングで1本のブリをとるのが精一杯だったという。……キャスティング苦手なんだよなぁ。ジギングで釣りたいなぁ。
 朝からナイアスと「亀山サンシャイン・パーク」を歩き、その後、「鈴鹿回生病院」へも連れていった。……ついでに、父親が退院した。
[PR]
by xf5u | 2008-12-30 18:42 | Comments(0)

D・ウォッチング

d0077607_2333799.jpg

d0077607_233378.jpg

d0077607_2333777.jpg

d0077607_2333823.jpg

 予定どおり4時過ぎに起き、5時半に同行者と合流して志摩へ……。8時過ぎに出船。風も波もたいしたことはなく、比較的暖かい。潮がはやすぎて軽いジグでは底がとれないことを除けば、まさに「釣り日和」と言っていい。……だが、ベイト(ブリなどの餌となる小魚=アジやサンマ)がいない。ありえないほど、いない。なぜだ?……犯人は、とんでもないヤツらだった。波間に見え隠れするたくさんの黒い背ビレ、そう、まぎれもなくイルカだ。まるでドルフィン・ウォッチングにきたかのようだ。イルカの群に散らされては、そりゃあ、ブリもワラサ(メジロ)もいないわな……。決して、我々の釣りの腕が悪い訳ではない筈だ。その証拠に、『第2テンヤ丸』さん、『三善丸』さんでさえも、まったくのマルボウズだというのだから。決して……。
 陸にあがって、『熱烈タンタンメン・一番亭』さんの「煮干ラーメン」(630円)を食べる。冷えきった体があったまる。
 帰宅して、すぐにナイアスを亀山サーヴィス・エリアに連れていく。ETCのスマート・ピットで入る。まる一日、海上で寒風にさらされた体は、冬の夜にだって寒さを感じない。ナイアスは、テーブルに座ってゴキゲンだ。
 あ。今日は、友人「かすみん」の生まれた日。はぴばす!こんぐら!キミに幸あれ!
[PR]
by xf5u | 2008-12-29 23:03 | Comments(0)
d0077607_237229.jpg

d0077607_2372283.jpg

d0077607_23722100.jpg

d0077607_2372258.jpg

d0077607_2372287.jpg

 映画『Kー20 怪人二十面相・伝』(監督:佐藤嗣麻子)を観た。今回も『109シネマズ四日市』さんの「エグゼクティブ・シート」で観られたから、快適だった。そして、『ミーアキャット』の前売り券を買ってから、ふと思い出した。先日、同僚から買った『ワーナー・マイカル・シネマズ』さんの無料招待券の有効期限が、今年いっぱいだ……。
 たこ焼き馬鹿の私は、『築地・銀だこ』さんの「たこ焼き」(500円)を食べながら、「今日が8のつく日で、スタンプ3つ押してもらって、得したなぁ。卓上カレンダーまでもらえたし、満足だ」と思っていた。……で、食べ終わってから、ふと思い出した。『近鉄百貨店』内の『明石焼き 阿倍野・たこ八』さんがオープンしたじゃないか、と。そこで即、『明石焼き 阿倍野・たこ八』さんへ向かい、「明石焼き」(525円)を食べた。ほかの客を見て、やはり思う。「みんな、明石焼きの食べ方わかってない!」と。明石焼きは、「だしにつけて食べる」ものではない、断じて。「だしと一緒にすすりこむ」ものなんだ。王貞治さんの娘が何と言おうと、日本蕎麦は音をたててすすればいいし、明石焼きも同じなんだ。お上品に食おうとしてんじゃねぇよ!
[PR]
by xf5u | 2008-12-28 23:07 | Comments(0)

2時間ドラマ現象

d0077607_1243183.jpg

d0077607_12431897.jpg

d0077607_12431834.jpg

d0077607_12431898.jpg

 前回投稿の夢の話、舞台となったのは、サーヴィス・エリアが東北で、再会したのが名古屋だった。そのうち温泉旅館とタイ・アップして、無意味に旅館名のはいるカットがあって……みたいな、「2時間ドラマ現象」が起こるのではないだろうか。
 今日は、風が強い。地上でこの状態なら、海上はひどいだろう。やはり出船中止はやむを得ず、と納得。
 「コタツから半身出てきたナイアス」「ウピゾナとナイアス」「あくびするナイアス」「おねだり視線のナイアス」……どれもかわいいと思いませんか?
[PR]
by xf5u | 2008-12-28 12:43 | Comments(0)
d0077607_10203285.jpg

d0077607_10203284.jpg

 出会い系迷惑メールの悪口を投稿していたら……まるで出会い系のようなご都合主義のバカバカしい夢をみた。かなり恥ずかしいが、以下に書く。
 私が、高速道路のサーヴィス・エリアを歩いていると、土産物屋のひとりから「あいよ」と、クレジット・カードを渡される。何気なく受け取って名まえを見ると、「YU OGURA」と記されている。「おい、人違い」と返そうとしても、店員はもういない。「小倉優子みたいな名まえだな。でも、私と間違えるくらいだから、男だろう」と思い、仕方がないから場内アナウンスでも流してもらおうと、案内センタをさがす。すると、専門学校生らしい女性が、こちらを睨んでいる。「あたしのカード、どうするつもりですか?」と泥棒扱いだが、連れの2人にたしなめられて、怒りをおさめる。「あなたがユウさん?」と尋ねると、「ユウは母です。これ、母のカードなんで。あたしはカナメっていいます」と名のる。「『要』って、男みたいな名まえだな」と思うが、口には出さない。すると、「あたしの連絡先です」と、尋ねもしないのにメール・アドレスを教えてくる。覚える気もなかったけれど、あまりに単純なアドレスなので、覚えてしまう。さらにアドレスの数字から、8月10日生まれとわかる。別れてから、一応、「スキミングのような犯罪もあるから、カードで買
い物をしていても、ぜったいに目を離してはいけない」のようなメールを送る。しばらくやりとりがあった後、「もう一度会ってください」となる。その後、ストーカーに狙われた彼女を助けたり、職業を聞かれて明かしたり……。ラスト・シーンは空港で、私のバッグはベルトに乗ってすぐに流れてきたが、彼女のバッグが流れてこない。ベルトも止まってしまう。係員に話しにいこうとして、ふと見ると、彼女の姿がない。私の荷物もない……。
 ここで、目が覚めた。なんなんだろうね、この夢は?
[PR]
by xf5u | 2008-12-28 10:20 | Comments(0)
d0077607_035641.jpg

 イスラエル軍は、パレスチナ自治区ガザを空爆し、少なくとも140人の死者が出たという。映画『ワールド・オブ・ライズ』冒頭の、「この映画はフィクションだが、同様のことは現在も起こっている」というようなメッセージに嘘はない。カメラを持ったまま撃たれた日本人をも、どうしても思い出してしまう映画だった。
 半年くらい前から気になっている映画が、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』だ。「三重のブラッド・ピット」と呼ばれる私にとって、「そっくりさん」の映画だから……というだけではない。私は山田太一原作の邦画『飛ぶ夢をしばらく見ない』が大好きだが、これは、老婆がどんどん若返っていく映画。『ベンジャミン・バトン』は、それの男性版ともいえる。デイヴィッド・フィンチャー監督の「色」も好きだし、なんだか「心に残る一作」の予感がする。……外れてくれるなよ。
[PR]
by xf5u | 2008-12-28 00:03 | Comments(0)
d0077607_21143648.jpg

d0077607_21143618.jpg

 映画『ワールド・オブ・ライズ』《BODY OF LIES》(監督:リドリー・スコット)を観た。『エイリアン』『ブレードランナー』『ブラック・レイン』『テルマ&ルイーズ』『ハンニバル』『ブラックホーク ダウン』……作風を変えつつも、「怖さ」を描くのがうまい監督だと、つくづく思う。『ブラックホーク ダウン』の社会性、なし崩し的に絶望へと堕ちていく様が、今作でも生きていた。……あと、日本趣味も。
 前回投稿した『考えろよ。』の記事に書いた出会い系迷惑メールがまたきた。文面は同じだ。「はじめまして☆あゆかです!今日ゎとっても元気なみくです」と寸分変わらないが……差出人アドが、今度は「keiko」ではなく「yuki」だ。「あゆか」で「みく」で「keiko」で「yuki」って……、キミはいったい、いくつの名まえを持ってるの?嘘を武器にするCIAのエイジェント?それとも「00」のダブルオー・ナンバーを持つスパイ?はたまた「Kー20」と呼ばれるような怪人?……だ・か・ら、考えろよって。
[PR]
by xf5u | 2008-12-27 21:14 | Comments(0)