釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

<   2014年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

シンクロ妄想

d0077607_0353225.jpg

d0077607_0353330.jpg

紫陽花の季節。東京じゃ、おそろしい豪雨で冠水するところも続出し、雹は降るわ落雷するわで、たいへんだったらしい。
さて、深夜のハイウェイ・オアシスに、ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)と来た。先取の木曜に来たときには、ちょっとした事件が起こった。
それは、いつものように、公園とサービスエリアの間の階段にナイアスと座っていたときのこと。
よくある妄想で、「公園側から、柵を乗り越えて、ゾンビの群れが襲ってきたら、怖いよなぁ」と考えていた。
すると、ドンッ!という音が。振り返ると、まさに、柵を乗り越えてとびおりた人影!……いや、もちろん普通のオッサンだったけれども。心臓が跳ね上がるのを、久々に感じた。しかし、日付がかわる時刻、真っ暗な公園で、オッサンは何をしていたんだ?
クルマのなかで、再生していたSKE48の公演曲CDを取り出し、落語のCDに替えた。三代目J Soul……じゃなくて、三代目の三木助師匠の噺を聴く。いやぁ、SKE48の公演はなかなか当たらないし、生で落語を聴きにいくのもイイやね。
そんなSKE48の15thシングルは、初の20人選抜となる。14thとくらべると、以下のようなメンバーになる。
○out:木﨑ゆりあ、石田安奈、山田みずほ
○in:二村春香、岩永亞美、熊崎晴香、宮澤佐江、渡辺美由紀、佐藤すみれ、山田菜々
正直、兼任組はなくして、江籠裕奈や小林亜実、市野成美あたりを入れてほしかった。矢方美紀の復帰や、阿比留李帆のinでも歓迎。終身名誉研究生サマは……選抜で17位だったのにね。土曜21時にネット販売が解禁された『マツムラブ!』も、30分で売り切れたのにね。
[PR]
by xf5u | 2014-06-30 00:12 | Comments(0)

あご、待て!<リアル

d0077607_2334833.jpg

もう、たくさんの人たちがツイッターやブログにupしているのだろうし、それこそ店舗側の思うツボだが、ナナちゃんのあごは大地を砕き、下層へと伸びていた。悔しいから、地下1階に下りて写真とったりは、しなかった。
d0077607_2334995.jpg

「カプセルコレクション」から、『おすわり、待て!』がリリースされていた。要するにガチャガチャだが、とりあえず黒柴を1頭と、白チワワを2頭連れて帰った。レトリバーは未入手だが、そのうち第2弾か第3弾でパピヨンが出たら……、うん。
d0077607_23341112.jpg

しかし、どんなにフィギュアがかわいかろうと、ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)には、かなわない。
さて、今日は、ツイッターのタイムラインに、新宿での焼身自殺の写真が流れてきて、ショックを受けた。こういうのって……どうなんだ?
[PR]
by xf5u | 2014-06-29 23:18 | Comments(0)

『gift』

d0077607_20115376.jpg

映画『gift』(監督:宮岡太郎)を観た@109シネマズ名古屋。
うん、映画にスレてしまっている自分が観ると、「やっぱり、そうくるよね」みたいな展開も多いのだけれど……、とにかく、いい映画だ。
いや、松井玲奈を依怙贔屓で見てしまうのは、正直、しかたない。だけど、無理やりそれを差し引いて観たとしても、やはり、いい映画という評価は変わらないだろう。
勧善懲悪だし、法律云々をヌキで考えれば、みんなの願いが叶うハッピィ・エンディングだし、ひねくれ者の感性からすれば出来過ぎな話だけれど、重ねて書こう、いい映画だ。
あの時期、松井玲奈が茶髪になって、自身も「黒髪でナゴヤドームに立ちたかった」みたいなことを書いていたが、そのことがこの映画として実を結んだなら、「よかった」と素直に思う。
いろいろ書くとネタバレになるだろう。だから、書けない。ただ、劇中で初めて松井が、そして遠藤が笑顔になるシークエンスがある。あのあたりから、グイグイもっていかれる。
そして、クスリと笑えるシークエンスも、実に上品だ。決して、押し付けがましい笑いではない。宿を去るときの、「おまえ、性格わるいな」のあたりの間なんて、とても良いと感じた。
愛知県限定公開から、ようやく全国へ……といっても、まだ数館だ。もっともっと、観られるべき作品ではないだろうか。
最後に、書かずにはいられない。松井玲奈の表情のつくりかた、もはやそのへんの女優を大きく超えている。『キスだって左利き』の特典映像で、本田望結と対談したときに、女優の夢を語っていた松井玲奈……もはや、その夢はすぐそこにある。
d0077607_20115590.jpg

知人のツテで頼んでも、もらえなかったJAさんのポスター。ここの松井玲奈も、輝いている。
『SKE48カフェ&ショップwithAKB48』さんで、松井玲奈生誕Tシャツを買った。6月29日は、れなひょんDAY。
[PR]
by xf5u | 2014-06-29 20:03 | Comments(0)
d0077607_0413986.jpg

映画『グランド・ブダペスト・ホテル』《THE GRAND BUDAPEST HOTEL》(監督:ウェス・アンダーソン)を観た。
結論から書けば、ネット等では評判がかなり高いのだが、私には合わなかったかな。おそらく私の感性が、まだまだオコサマなのだろう。
絵本的な画面、ストップ・モーション・アニメーションみたいな動き、シンメトリ、時折みせる残酷さ、アスペクト比、ノスタルジー、反戦……、そういうのはわかるし、作家性をちゃんともっている監督だっていうことも、理解している。だけど……、そんなにおもしろいとは感じなかった。
頭に残るのは、猫とか指とか首とか……、そういうもの。
期待していただけに、残念だった。私にとって好みの作家性は、やはりデイヴィッド・リンチだったり、クエンティン・タランティーノだったり、デイヴィッド・フィンチャーだったり、あとはアラン・パーカーの作品だったりするのだろう。
そういえば、映画『渇き。』の酷評が、驚くほどの勢いで溢れかえっている。前売り券をもっている私だが、本当に酷評すべき作品なのかどうか、早く確かめたい。
今度は石川県で、柴犬が熊を撃退したそうだ。柴犬株が急に高騰している感じだが、ウチの犬たちには、「ニンゲンを守って傷つくようなことはするな」と教えている。
[PR]
by xf5u | 2014-06-28 22:58 | Comments(0)

キュゥべえならずとも

d0077607_15225390.jpg

いや、本当に、「訳がわからないよ」と言いたくなる、エンドレスのシゴト。
記事の更新も、ままならないわけで。
秋田県で、6歳の柴犬が、5歳の(ニンゲンの)男の子を救ったという報道もあった。熊を撃退した話だが、男の子の服は破れ、背中から尻にかけてひっかき傷があったというから、危ないところだったのだろう。
NMB48・与儀ケイラが卒業を発表したり。
他のグループに先がけて復活した、乃木坂46の握手会だが、次回は「お話し会」に変わってしまうらしかったり。
SKE48・東李苑の入院が、ただ「親知らずを2本ぬいただけ」だったとか。
SKE48の15thシングル『不器用太陽』の選抜発表があったとか。
いろいろある世の中、とりあえずナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)と歩んでゆくしか。
[PR]
by xf5u | 2014-06-27 01:55 | Comments(0)
d0077607_1545967.jpg

月曜に、職場で起こったトラブルから、メガネの「鼻あて」部分が歪み、水曜には、とうとう折れてしまった。
しかたがないから、今日、勤務時間の割振り調整を使い、メガネ店へ行った。
しかし、到着する少し前に気づいたとおり、地元のメガネ店は木曜が休業……。となりの街のショッピング・モール内の店舗へ行くと、2週間はかかるというし、値段もけっこう張る。「相談してきます」と取り下げ、また別の日に、地元店へ行くことにした。
そこで、浮いた時間を利用して、“平日なのに、映画のダブル・ヘッダ”に挑戦した。
まずは、映画『超高速!参勤交代』(監督:本木克英)を観た。
悪役があまりにストレートな悪役だった。そして、オオカミが気になった。
とにかく、「痛快」という言葉が似合う作品。
d0077607_155070.jpg

続いて、映画『万能鑑定士Q モナ・リザの瞳』(監督:佐藤信介)を観た。
序盤はテンポもよく、おもしろかった……が、だんだんムリムリな展開に。ツッコミどころだらけ。個人的には、「芸術品を潮風にあてるなよ」とつぶやくラストだった。
d0077607_155276.jpg

われらがナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)は、カット&シャンプーで、ろくに昼寝してないから、今夜は少し、眠いようだ。
[PR]
by xf5u | 2014-06-26 23:45 | Comments(0)
d0077607_242786.jpg

土曜に戻ったウイングロード“フランベルジュ”のおかげで、フェイバリットな曲とともにドライヴできることに感謝。ちなみにウォーター・ポンプやベルトの交換費用は、工賃込みで27000円だった。
SKE48まわりでは、高熱でダウンした山下ゆかりにかわりスクランブル出演した阿比留李帆があまりにかっこよすぎたり、小林亜実のブログに指だけ登場した卒業生できる松本梨奈にときめいたり、神門沙樹の初公演の様子や熱いブログに卒業生・秦佐和子の影を感じて推したくなったり、東李苑が一日とはいえ入院していたことを知ったり、7月からCBCで始まる新番組に喜んでいたら、関東ローカルの冠番組のことがわかり、地団駄踏んだり……。
ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)がすりすりしてくれて、今日も明日もがんばれる。
[PR]
by xf5u | 2014-06-25 01:10 | Comments(0)

京都ツアー

d0077607_23333759.jpg

日曜は、「ほとんどシゴト」の京都ツアーへ。
しかも、幹事という役割では、なかなか気を遣う旅行となるのは、やむを得ない。
しかしまあ、そこはそれ。楽しむべきところは、楽しませてもらった。
まずは、リニューアルされた世界遺産・平等院。入るときはかなりの雨だったが、バスに戻る頃には、あがってくれた。
d0077607_23333938.jpg

嵐山。渡月橋を渡り、氾濫からの復興を感じる。
いろいろお土産を買うつもりが、ままならず。
d0077607_23334188.jpg

漬物屋なんて、私にとっては結界の彼方。漬物嫌いのバス・ドライバさんと、店外で仲間トークして過ごした。
野菜は新鮮なうちに食べようよ。私に言わせりゃ、漬物は野菜のゾンビ。
その後、八ツ橋屋さんでは試食しまくり。でも、振り返れば、また漬物が売られているというホラーな展開……。
そんなこんなで、任務終了。別の大口シゴトに背を向けて帰宅し、ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)と公園へ行った。
[PR]
by xf5u | 2014-06-22 23:22 | Comments(0)
d0077607_23203167.jpg

映画『ニード・フォー・スピード』《NEED FOR SPEED》(監督:スコット・ワウ)を観た。
ゲーム原作のディズニー系制作では、これ以上アクの強いのを求めるのは無理かもしれないが、ちょっとストレートすぎるかな。
でも、迫力あるシークエンスも多いし、スーパーカー・ブームのなかで小学校時代を過ごした身としては、クルマのボディ・ライン(?)に惹かれてしまう。
キャストの個性も、良かった。最初はイマイチかと思ったが、ストーリィが進むにつれ、次第にハマっていった。
気になるのは、最後のレースの勝ち方かな。もうちょっと、凄テクでの勝利を期待したのに。
d0077607_23203262.jpg

続いて、映画『XーMEN:フューチャー&パスト』《XーMEN:DAYS OF FUTURE PAST》(監督:ブライアン・シンガー)を観た。
過去をいじって未来を変えちゃうと、「なんでもアリ」になってしまう。それはつまり、悲しい過去を背負っていたはずのキャラは、背負うべきものを失うことになる。……いいのか?
その部分を除いて考えるなら、よく練られたシナリオに拍手を贈りたい。
個人的には、ブリンクが推しキャラだったかな。
[PR]
by xf5u | 2014-06-21 23:10 | Comments(0)

はさめず

d0077607_23253450.jpg

以前、N船長から頂いた「はさめず」がとてもおいしかったから、自分でも注文してみた。
d0077607_23253295.jpg

ゆうべ深夜、ぜったい観るべき番組を見逃してしまい、落ち込んでいるマスターをなぐさめてくれるのは、やはりナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)。
[PR]
by xf5u | 2014-06-21 11:16 | Comments(0)