釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

<   2014年 12月 ( 45 )   > この月の画像一覧

年越し蝶犬

d0077607_2356447.jpg

d0077607_23564653.jpg

d0077607_23564819.jpg

d0077607_23564955.jpg

ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)に甘えられながら年を越せるなんて、私は幸せ者だ。
[PR]
by xf5u | 2014-12-31 23:55 | Comments(0)
d0077607_22385616.jpg

大晦日の夕食のおかずは、昨日釣ったトラウト。塩焼きにすることが多いから、たまにはフライなど。
d0077607_2238597.jpg

そして、ようやく年賀状を書きながら、ダウンタウンと紅白をザッピングする。幸い、ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)はよく眠っている。
年賀状を書き終えたら、『多重人格探偵サイコ』の21巻を読む。
d0077607_2239174.jpg

「館長 庵野秀明 特撮博物館」では、図録も買ったが、ポストカードも数枚購入した。
d0077607_2239397.jpg

怪獣ステッカーは、ジャミラにゼットン、そしてエレキング。
ブログ読者の皆さん、よいお年を。
[PR]
by xf5u | 2014-12-31 22:32 | Comments(0)

趣味のネクタイ

d0077607_10585433.jpg

ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)と散歩しながら、パンを食べる。パン・オ・レザンとチャイ・ティーラッテの組み合わせは、かなり合うと思う。
d0077607_10585589.jpg

ネットで買ったネクタイのシリーズ、インコとかヒヨコとかイヌとかギターとか。
とりあえず、インコやヒヨコは、SKE48・高柳明音と握手するときに締めていこう。……古畑奈和用に、サックス柄も買わなきゃダメじゃん。こあみはパン柄か。
[PR]
by xf5u | 2014-12-31 10:52 | Comments(0)

綾巴、ネタバレ

d0077607_10331480.jpg

反則なくらいかわいいナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)。
紅白のネタバレしちゃった「うは」がかわいすぎる。これも反則。SKE48『不器用太陽』は、寝た姿勢からスタート?
レコ大は、三代目JSB以外なら、誰でも良かった気がする。
大晦日の朝、ゾンビの夢をみた。いつもながら、「しなけりゃならないことがあるのに、できていない」「〆切が迫っている」ときなんかに、やたらとゾンビの夢をみる。
今回は、年賀状を書いてないとか、年末年始の番組録画用にハード・ディスクの空き容量を確保しなきゃとか、その程度の心理だろう。
何日か前、シゴトのことでみたゾンビの夢は、酷かった。一度目覚め、「続きをみないように」と明るいことを考えたのに、やっぱり続きをみたから。
初夢くらい、楽しい系かセクスィー系か、そのへんがいいなぁ。
[PR]
by xf5u | 2014-12-31 10:24 | Comments(0)

鳥に負けた

d0077607_10215239.jpg

30日という何かと慌ただしい時期に、エリア・トラウト・フィッシング@いなべ市藤原「フィッシング・サンクチュアリ」さんへ。2014年の釣り納めは、ときおり雨のまじる釣行となった。
Aさん、今回は「竿を折らない」が目標だったようだが、タイガー・トラウトも釣ったのだから、コーホ・サーモンが釣れなくたって、いいじゃないか。
Hさん、完全初心者なのに、レンタル・タックルでそこそこ釣れたのだから、充分すぎるでしょう。ルアーも、ロスト・ゼロどころか、誰かがロストしたルアーを釣り上げたから、プラス・ワンなわけで。
Fさんは、見物+ランチのみ参加。次回はぜひ、イトウを含めて釣ってほしい。
写真のレインボゥ・トラウトはもちろん釣果の一部で、リリース多数。足元でサヨナラするオートマティック・リリースも多数。レギュレーションでは、一日券で10尾まで持ち帰れるのだから、9尾持ち帰った私は正しい。レギュレーションって、大事。
しかし、どのアングラーよりも優秀だったのが、池のまん中で彫像のように立ち、周囲を睥睨していた鳥。たまに水に入り、トラウトをくわえてきて、旨そうに食う彼(または彼女)こそ、ベスト・アングラー。だから、指原莉乃写真集『猫に負けた』に倣い、この記事のタイトルは『鳥に負けた』。
d0077607_10215438.jpg

カタチから入るなら、こういうネクタイをして釣るべきか。先日買ったネクタイの一部だが。
[PR]
by xf5u | 2014-12-30 19:27 | Comments(0)

『こわれもの』

d0077607_0543551.jpg

20:00、『こわれもの』(浦賀和宏・著)を読み終えた《相性B+》。
サクサク読めたから、一気読みで読了。ただ、真犯人やトリックは単純だから、見破れてしまう。
ただし、エピローグ部分は予想外。こういう構成には、素直に完敗と認めたい。勝ち負けの問題じゃないんだろうけどさ。
[PR]
by xf5u | 2014-12-28 21:15 | Comments(0)

『天才スピヴェット』

d0077607_20581640.jpg

映画『天才スピヴェット』《The Young and Prodigious T.S.SPIVET》(監督:ジャン=ピエール・ジュネ)を観た@伏見ミリオン座。
この映画があと15分早く終わっていれば、『マップ・トゥ・ザ・スターズ』とのダブル・ヘッダが可能だったのに。もっとも、多分どちらの作品も“濃い”から、よろしくないかもしれないが。ジャン=ピエール・ジュネもデイヴィッド・クローネンバーグも、どちらの監督も大好きだ。
SKE48・加藤るみが、「人にすすめたくなる」「人と話したくなる」と語っていたのも首肯できる、おもいきりキュートな名作、これに尽きる。
スズメの標本やら松の木のエピソードやら、心に残るものがたくさんだけど、私にとっては、やっぱり「タピオカ」かな。血が出るほどバケツのお尻を噛んだり、ずーっと山を見ていたり、ホタルをくわえようとしたり……たまらん!もちろん、TVの砂嵐画面(福井弁だとジャミジャミ)を観ながらの会話なんて、最高すぎて泣ける!
トースター、キャンピング・カーでのやりすごし方、永久機関を応用した発明など、笑わせ方もオシャレ。「ゴミ箱と話してるよ」とかね。
年末に「観られてよかった」と、しみじみ感謝できる映画に出会えた。
ネットのレビューを読んだら、「3Dで観るべき」とあった。そうか……やってなかったもんなぁ。
[PR]
by xf5u | 2014-12-28 21:12 | Comments(0)
d0077607_20195392.jpg

d0077607_20195520.jpg

名古屋市科学館の特別展「館長 庵野秀明 特撮博物館」を観た。
MATやTACのメカニック系ミニチュアやキングギドラやガメラ等の怪獣にはもちろん萌えたが、電車やパワーショベルなどの普通のミニチュア群には、本当に圧倒された。まさに、倉庫!
時間があって人が少なければ、映像コーナーも含め、じっくりじっくり味わえるんだろうなぁ。
d0077607_20195733.jpg

d0077607_20195843.jpg

d0077607_202005.jpg

限られた場所だけ、写真撮影OKだった。観客が多すぎて、人が入らないように撮るのはたいへん!
……っていうか、約1年前に買ったミラーレス一眼、いいかげんちゃんと使っていかないと!iPhoneで撮影してる場合じゃない!
[PR]
by xf5u | 2014-12-28 18:51 | Comments(0)

『海月姫』

d0077607_23591090.jpg

映画『海月姫』(監督:川村泰祐)を観た。
いやぁ、くだらない。くだらないけど、おもしろい。実はかなり傑作だと思う。暮れのサタデイ・ナイト、客はほとんど入ってなかったけれど……。昨日みた『メビウス』とは真逆も真逆。
キャストに関して、「まやや」役が太田莉菜だとは気づかなかった。実写版パトレイバーのカーシャと違いすぎる。「ジジ様」を演じた“しのらー”も、わからりにくすぎたけどね。
もちろん、能年玲奈の魅力は爆発している。これは、惚れるレベル。ダサかわいい路線では、向かうところ敵なしか。コメディエンヌとして輝く人は、素晴らしいと思う。
d0077607_23591251.jpg

今日は、ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)にくっついて昼寝した。彼との散歩が長引いて、ランチが14時過ぎだったから、そのあとに。やがて夕方になり、彼は私の顔を舐めて起こした。二度寝、三度寝しそうになる私の顔をずっと根気良く舐め続けた彼のおかげで、映画に間に合った。
映画のあと、その様子を思い出し、「もしも私が死んだら、なんとか起そうとして、顔を舐め続けるのかなぁ」などと妄想していたら、笑えてきて、泣けてきた。ナイアスと、来年も再来年もその先もずっと、仲良くしていたい。
[PR]
by xf5u | 2014-12-27 22:21 | Comments(0)
d0077607_13475137.jpg

d0077607_13475320.jpg

先日、映画『美女と野獣』を観にいったときのこと。ディズニーのアニメ版も含め、「おとぎ噺なんだよな」という意識だった。
チケット販売窓口で、「1席だけ、空きがございます」といわれ、この日はひとりムーヴィだったから、ギリギリ観ることができた。
これだって、まるでおとぎ噺だ。
そして、買った前売り券が、『シンデレラ』と『イントゥ・ザ・ウッズ』なんだから、ゴリゴリのおとぎ噺。
ちょうどこの日、ネット通販でネクタイを買おうとした店舗と、メールのやりとりをしていた。個人輸入扱いになる品の通販は初めてだったから不安だったが、その店舗の良心的なこと!
注文した品を発送前に検品し、しみを発見したとのことで、その商品の写真を添付したメールをもらった。最後のひとつだから代わりはないので、キャンセルもしくは半額での購入を尋ねられた。
昨今、悪質な通販業者の話は多い。写真と現品が全然ちがっていたり、酷い場合は、前払い金だけ受け取って、商品を発送しなかったり……。今回のようなケースでも、しらばっくれて送ってくることもできた筈だ。もしもクレームが入っても、「それは、商品到着後についたしみなのでは?」と言われたら、否定しきれないだろう。
真摯な姿勢、丁寧な連絡、正直な対応。そういう誠実な店舗で、我々はものを買うべきだと思う。
だから、宣伝料も何も貰っていないが、この店舗『eーnecktie(イーネクタイ)さんを、強く推したい。扱っているネクタイは個性的なので、地味系を買いたい人には向かないだろうが。
現代社会で、このような安心できる店舗と出会えたことも、一種のおとぎ噺なのかもしれない。
d0077607_13475495.jpg

後日、『映画 暗殺教室』の前売り券も買ったが、こっちは全然、おとぎ噺じゃない。
[PR]
by xf5u | 2014-12-27 13:47 | Comments(0)