釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

<   2015年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

前売り券、増殖中。

d0077607_2331643.jpg

映画『ジュラシック・ワールド』の前売り券を買った。特典は、オリジナルピンバッジ。
d0077607_2331823.jpg

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の前売り券を買った。特典は、ウルトロン・タッチペン。
d0077607_2331944.jpg

映画『テッド2』の前売り券を買った。特典は、オリジナル貼れる携帯クリーナー。
d0077607_2332145.jpg

映画『トゥモローランド』の前売り券を買った。特典は、ピンバッジ。
前売り券、どんどん増殖中……。
[PR]
by xf5u | 2015-04-29 22:59 | Comments(0)

『奇面館の殺人(下)』

d0077607_1141494.jpg

22:22、『奇面館の殺人(下)』(綾辻行人・著)を読み終えた《相性B+》。
できるだけネタバレしないようにレビューしようと試みるが、多分、変な表現だらけになると思われる。
「表層的」「記号的」云々の謎はすぐに見抜けた。ただ、「下半分だけ」かと予想していた。まさか、全部とは……。それはさすがに、ありえないだろう。
仮面の謎については、完全に読み誤った。私の推理では、ある人物は、仮面の上から、さらに仮面を被っていたのだが……。それは無理があったか。
犯人については、予想を裏切ってくれたから、感謝したい。
やはり、館自体に仕掛けがあるトリックは、私の感性には合わない。秘密の抜け穴があったら、密室でもなんでもないと思うし。島田荘司『斜め屋敷の犯罪』のような形ならOKだが。だから、綾辻行人の館シリーズだと、『黒猫館の殺人』あたりが好みだ。
[PR]
by xf5u | 2015-04-29 22:57 | Comments(0)

『シンデレラ』

d0077607_0155468.jpg

映画『シンデレラ』《CINDERELLA》(監督:ケネス・ブラナー)を観た。
ど直球ど真ん中のシンデレラで良かった。『アナと雪の女王』のような定石外しのうっちゃり型でもなければ、『マレフィセント』のような異色スピンオフ型でもなかった。そして、『イントゥ・ザ・ウッズ』のようなスーパーロボット対戦ごちゃまぜトラウマ型でもなかった。
ともかく、「生き物に優しい者が幸せになる」というだけで、すでに大絶賛だ。もちろん、猫のルシファーに罪はない。ただ、私の認識では、ネズミというのはたくさんの子どもを産んで次々に世代交代してゆくものであるから、エラが子ども時代に出会ったネズミたちが生きているとは……いやいや、おとぎ話に野暮は言うまい。
「貶められた名まえを名乗る」というあたりも、カッコよくてシビれた。いいじゃん、いいじゃん。
しかし、映画はCGという魔法を得て、こういうことができるまでになってしまったわけか、という感慨ひとしお。
それだからこそ、予告篇で重要シーンを見せまくるのは、いいかげんやめてもらいたい!
惜しむらくは、私の周りじゃ、鈴鹿も津も四日市も、吹き替え版しか上映していなかったので、字幕版で観られなかった。
同時上映は、短篇映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』《FROZEN FEVER》(監督:ジェニファー・リー、クリス・バック)だった。
まず、スノーギースのキャラが魅力的。あれは、マスコットに欲しいわ。
そして、短時間ながら、各キャラに楽しい見せ場が与えられていた。
おそらくかなり高いハードルを設定して観にくるであろう観客も、満足させられるだろう。
[PR]
by xf5u | 2015-04-29 22:55 | Comments(0)

ファーストひやちゅう

d0077607_0475084.jpg

おっそろしく多忙な日々。わが第二課のスタッフ不足は、やはり痛い。
暖かい日が続く。月曜はランチ抜きで出張したが、帰りにコンビニで冷やし中華を買った。今年のファーストひやちゅう。
d0077607_0475249.jpg

そして、レモンジーナも飲んだ。「土の味」だとか何だとか、変な評判も耳にするが、普通においしかった。
[PR]
by xf5u | 2015-04-29 00:43 | Comments(0)

ちゅりチップ

d0077607_0102524.jpg

最近の『のりたま』には、「ひよこチップ」が入っていて、楽しい。私は勝手に、「ちゅりチップ」と呼んでいるが。
d0077607_0102637.jpg

カフェオレは、とりあえずグフとドムを買った。
d0077607_010281.jpg

散歩帰りのナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)の、いかにも眠そうな表情が、たまらない。
[PR]
by xf5u | 2015-04-27 00:05 | Comments(0)

『エイプリルフールズ』

d0077607_23584436.jpg

映画『エイプリルフールズ』(監督:石川淳一)を観た。
かなり評判が悪いみたいだったから覚悟して観たが、なかなかどうして、軽いノリで楽しめる作品で良かった。
なかには、「『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』は成功で、『エイプリルフールズ』は失敗」みたいに書いている人もいたが、私はまったく反対の意見だ。
まあ、先は読め読めで、「こうなるんだろうなぁ」と予想した通りにハマってゆくのだけれど、それはそれ。トカレフの残弾数がちゃんと辻褄あっていて、感心させられた。
ただ、不登校児の母親が、学校へ行くよう促していたように記憶しているが……、四月一日は、明らかに始業式まだでしょう。
それから、「コドモに風俗の現場みせちゃうのか?」と一瞬ひいたが、よく考えれば、短い時間での最大の教育効果かもしれないと納得した。
d0077607_23584634.jpg

d0077607_23584879.jpg

昨日買った前売り券は、実写版『進撃の巨人 ATACK ON TITAN』のセット券(特典:クリアファイル)と、『バケモノの子』(特典:チコのふわふわマスコット)。
[PR]
by xf5u | 2015-04-26 21:25 | Comments(0)

『奇面館の殺人(上)』

d0077607_222452100.jpg

13:18、『奇面館の殺人(上)』(綾辻行人・著)を読み終えた《相性B》。
まだ上巻の段階では作品を論じにくいが、気になったことをいくつか。
事件が起きるまでが長い。雰囲気を高め、状況を説明する必要上しかたがないのだろうが、冗長に感じてしまう。
まどろっこしく感じられる部分が多い。つまり、死体の状況がアレで、その他の人物の状況がソレであれば、当然疑われるべきはナニなのだから、そういう指摘が上巻ラストというのは、いかにも引っ張りすぎ。眠気なんかも然り。ただ、主人公の正体を含め、そのあたりのネタばらしを下巻まで残さないのは、さすがだと言える。これで下巻を、気持ちよく開くことができる。
雪を含めた偶然の要素は、下巻でスッキリするのかどうか、疑問。「雪が降らなければ、犯人は犯行を先延ばしにしただろう」みたいなことにならなければよいが。
そして私は、ある登場人物を怪しく思っている。描写が不自然に感じるからだ。その人物が犯人でなくばよいが。せっかくの二分冊長篇なのだから、アッと驚かせてほしい。
[PR]
by xf5u | 2015-04-26 13:19 | Comments(0)

回復と、変な夢

d0077607_10592372.jpg

昨日は朝から全身の関節が痛くて、ついでにドーンと熱が出た。でも、「ふしぶしの痛み・熱のかぜに効く」という謳い文句の液体かぜ薬『麻黄湯』を飲んで眠り、汗をかいたら、ずいぶんよくなった。
変な夢を延々とみたが。
夜の町をブレーキのきかない自転車で走ると、道端には、ふだんは気づかない動物たちがたくさんいる。
ホールのようなところでは、高校対抗のクイズ番組を収録していて、ゲストのももクロがライヴを始めるが、すぐに「大雨のため中止」というアナウンスが流れる。
ホールのロビーでiPhoneを操作していたら、ライヴが中止になったメンバーが近くに来て、普通にリアルなトークを始めた。
その後、ホールから出ると、カワウソが近づいてきたから、なぜか所持していたサーモンの稚魚を冷凍したものを与えようとする。
しかし、冷凍されていたはずなのに、サーモンは生きていて、とてもちぎって与えることができない。だから、そのまま投げてやると、カワウソはうまそうに食べる。
そこへナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)がやってくる。「あ、ごめんごめん。おまえのことをほっといて」と謝ったところで、目が覚めた。
d0077607_10592421.jpg

ともあれ、ナイアスとドライヴ&散歩に出た。今日も休日出勤するしかないスケジュールではあるが、できればサボってエナジィをためたい。
[PR]
by xf5u | 2015-04-26 10:41 | Comments(0)

ぐでたまな週末

d0077607_23303853.jpg

サンリオのキャラ「ぐでたま」の如く、だりぃ〜週末。
土曜、午前中のシゴトを終えた頃には、朝からの関節痛がピーク。重い物を運んだわけでも、力仕事をしたわけでもないのに、全身の関節が痛くてたまらなかった。
d0077607_23304066.jpg

遅いランチは、Sさんと一緒に行った『博多・中州 屋台らーめん 一竜(亀山店)』さんで、「つけ麺(大盛)」(980円)を食べた。
硬めの麺が、実に旨かった。
午後は、会議。あっというまに終わったものの、ダルさは増すばかり。
夜の懇親会まで横になろうと、職場の救護ルームで横たわり、ついでに検温すると……しっかり熱が出てるじゃないか!
その後、スタッフに「会費の五千円はちゃんと払うから、懇親会をやめてもいい?」と尋ねると、早速店に連絡してくれ、支払いなしの当日キャンセルにして頂いた。
そんなわけで、金曜にカット&シャンプーを済ませたナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)にくっついて、しっかり眠るしかない!
[PR]
by xf5u | 2015-04-25 23:07 | Comments(0)
d0077607_2365542.jpg

映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』(監督:成島 出)を観た。
まず、「前篇のおさらい」みたいな映像が流れ、作品世界に入れたところで……「STOP!映画泥棒」はないわ。
作品全体を通して、ミステリ要素がガンガン潰されていったのが、実に残念だった。驚くべきはずのところで全く驚けないのは、「すでに知っていること」の指摘ばかりだったせいで、撮り方しだいでは、もうちょっとなんとかなったと思う。
それから、「死んだ少年の内面の闇」が、明らかに説明不足だと感じた。
永作博美が演じるバカ親がムカついてたまらないのは、彼女の演技が成功している証拠か。
それにしても、泣かせようという演出ばかりが鼻について、感動に至れなかった。もったいない!
最大の失敗だと思うのは、「突然降り出す雨」。あれは、酷すぎないか?
……というわけで、全体的に惜しいというかもったいないというか、なんとも残念な思いを抱いた映画だった。
[PR]
by xf5u | 2015-04-25 22:50 | Comments(0)