釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

<   2016年 08月 ( 54 )   > この月の画像一覧

『後妻業の女』

d0077607_16432558.jpg

映画『後妻業の女』(監督:鶴橋康夫)を観た。
劇場内の年齢層、高いのなんの。まぁ、年寄りウケしそうな作品ではある。
とりあえず、獣医が良かった。あと、色気要員のお水のねーちゃんも。
見せ金10万のネタはバレバレだった。ほかには、おばはんキャットファイトが見所だったかも。
8月も今日でおしまいだが、私が今年、劇場で観た映画は、これで97本となった。
昨年は年間161本の映画を鑑賞したが、8月14日の『ジュラシック・ワールド』が100本目だったから、それよりはけっこう遅いペースだ。
おととしは年間142本で、9月27日の『猿の惑星:新世紀』が100本目。そのペースよりは少しだけ早い感じだ。
さて、今年は年間何本の映画を観られるやら。
[PR]
by xf5u | 2016-08-31 16:40 | Comments(0)
d0077607_17522107.jpg

「SKE48 研究生『PARTYが始まるよ』公演」@SKE48劇場(サンシャイン栄)を鑑賞した。
d0077607_17522205.jpg

ビンゴ抽選は12順目。もちろん、前回みたいに最前列はとれなかったが、一段高くなる8列目の、中央通路に面した席を確保できた。
d0077607_12351452.jpg

菅原茉椰と荒井優希は無双だった。素晴らしいパフォーマンス力。MCをかぶせてきたのも凄い。
浅井裕華、太田彩夏、末永桜花は安心して観ていられる、信頼できるレヴェルだった。一色嶺奈の成長ぶりにも感激。川崎成美の“高校の先生MC”には笑った。
アンコール、ラストは『Gonna Jump』で終わるかとも思ったが、ちゃんと研究生ヴァージョンで『金の愛、銀の愛』を披露してくれたので満足できた。
[PR]
by xf5u | 2016-08-30 21:44 | Comments(0)

うは餃子定

d0077607_20402660.jpg

かなり遅めのランチとして、『SKE48カフェ&ショップwithAKB48』さんで、北川綾巴考案メニュー「ボリューム満点 本格 北川家の餃子 〜台湾ラーメンとごはんをそえて〜」(930円)を頼んだ。
大きめの餃子をおかずに食べるごはん、実に旨かった。
d0077607_20402629.jpg

続いて、須田亜香里考案のスムージー「夏の人気者…7位ありがとうラムネ。」(700円)も注文。
水着サプライズのコースターは、HKT48の冨吉明日香だった。
d0077607_18415855.jpg

定番の「エスプレッソ」(500円)で引いたコースターは、村井純菜だった。

[PR]
by xf5u | 2016-08-30 20:36 | Comments(0)

「藤子・F・不二雄展」

d0077607_13573301.jpg

「生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展」@松坂屋美術館、を鑑賞した。
はじめに「SF(すこし、ふしぎ)シアター」で立体的な映像を観てから展示室へ入った。
正直、忘れかけていたような作品も含め、活き活きしたキャラクターの表情や描線の確かさに圧倒された。
なかでも『みどりの守り神』という、『猿の惑星』みたいな作品に、なぜだかむしょうに惹きつけられた。
また、高校生時代に発刊していたという『少太陽』の資料にも、唸るしかなかった。
d0077607_17015389.jpg

それから、最後にズラリと飾られた色紙は圧巻だった。浅野いにおからPerfume、京極夏彦に至るまで、藤子愛に満ちていた。
ついでに、地下鉄一日乗車券は、とても有用だった。パルコギャラリーでも100円、松坂屋美術館でも200円と、地下鉄と無関係なところで割り引きしてもらえた。
[PR]
by xf5u | 2016-08-30 13:55 | Comments(0)
d0077607_17593817.jpg

「クレイジージャングル」@パルコギャラリーを観た。
「襲われてもたぶん、大丈夫。」というコピィがなかなかおもしろい。
内容は、「キモい展」と重なる雰囲気も多かったかな。
狭いところに入れられたリスザルがなんだかかわいそうになり、話しかけてしまった。
キュビエムカシカイマンも窮屈そうだったな。
気に入ったのは、ベトナムコケガエルの擬態。実際に川にいたら、ぜったい気づかない自信がある。
デンキウナギの仲間のブラックゴーストのフォルムもそうとうかっけぇと思う。
[PR]
by xf5u | 2016-08-30 13:12 | Comments(0)

『ハイ・ライズ』

d0077607_12581687.jpg

映画『ハイ・ライズ』《HIGHーRISE》(監督:ベン・ウィートリー)を観た@センチュリーシネマ。
本来ならジギング釣行できていたかもしれない夏季休暇の最後の1日。台風10号の大馬鹿野郎!
そこで、『ハイ・ライズ』。津でも遅れて10月から上映されるようだが、観られるときに観ておかないと。
ところが本作、かなりドロドロのグチャグチャで、振り回されて疲れ、観終えてからドーンと沈む話だった。
Rー15+のレイティングだから、残酷描写か性描写、あるいはドラッグか暴力かと思ったら……、その全てだったよね。
そして何より、私のような犬好き・馬好き・動物好きにとってはキツすぎるシーンがあり、ダウナー気分にもほどがある。
タワー・マンションがディストピア化していく様は展開が早く、これはいい意味で呆気にとられた。
エンドロール中、キャストの「犬のディグビー」役として「Kai」と表示されていたのだが……、ソフトバンクのCFの“白戸家のお父さん”ことカイくんなのか?別人……別犬なのか?
[PR]
by xf5u | 2016-08-30 12:58 | Comments(0)
d0077607_00223200.jpg

23:32、『下戸は勘定に入れません』(西澤保彦・著)を読み終えた《相性B+》。
この作者にしては……明るいラストで、ちょっとびっくり。
相変わらず、母子癒着云々など、かなり重いドロドロはあるけれど。
「解説」によると、単行本発刊時の推薦文のひとつに、大森望氏の“酩酊推理が夏の扉を開く!?”というものがあったという。このコピィは素晴らしい。タイムスリップものの古典を使いながら、作品の魅力をきちんと紹介している。これには、かなわない。
[PR]
by xf5u | 2016-08-29 23:53 | Comments(0)
d0077607_21270598.jpg

映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影〈シャドウズ〉』《TEENAGE MUTANT NINJA TURTLES:OUT OF THE SHADOWS》(監督:デイブ・グリーン)を観た。
ミーガン・フォックスの着衣巨乳を楽しむ作品……でいいのかな。
「全然ダメだろう」と予想しながら鑑賞したが、期待を裏切らず、全然ダメだった。
ストーリィはスッカスカ。おならプーで笑えってか?地元じゃ字幕スーパー版はやっていないから吹替版を観たが、オリラジ藤森や宮川大輔のかけあいもなんか変。ヴィジュアルとしても、サイだのイボイノシシだの、もっとなんとかならないものか。
途中、眠くなったし……まだ前作のほうがマシか。
よほどヒマな人かオコサマ以外はおすすめできない。あ、脳みそが幼児な人は楽しめるのだろうが。
総じて、さすがはマイケル・ベイ!
[PR]
by xf5u | 2016-08-28 21:25 | Comments(0)

奇蹟の子

d0077607_13342403.jpg

雨がすごい勢いで降っていたのに、ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)と公園に来るとやんでしまう。同様のことは何度もあった。まさに、奇蹟の子か。
d0077607_13342547.jpg

そんな私はツイッターで、「ゆうべ『ドラゴンボールZ』の映画をTVで観たせいで、宿題の追い込みができず、アタマ抱えてるコドモが相当数いるとみた。ザマーミロ。」と呟いて怖がられた。夏の終わりは怒涛の日々の始まりでもあるし、子どもの頃から辛いものだ。ザマーミロのひとつも言いたくなる。
荒ぶったっていいじゃないか、にんげんだもの。
アキアカネが飛んできて並んでホバリングし、ツクツクボウシが鳴く風情は好きなんだけどね。
d0077607_14393347.jpg

帰宅してナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)を家に入れ、「ゲンジャ!」と呼ぶと、遠くの屋根の上からダッシュしてくる片目の猫、ゲンジャ。
そして、帰宅すると再び雨になった。ナイアスの奇蹟は続く。

[PR]
by xf5u | 2016-08-28 13:31 | Comments(0)
d0077607_19400765.jpg

「SKE48 19thシングル『チキンLINE』(通常盤)発売記念 大写真会@ポートメッセなごや」に参加した。
高柳明音不在でテンションは落ちていたが……。
以下、時系列で。
10:10頃、現地到着。近頃観たことのないほどの大行列。
11:00、ミニライブは後ろの方のブロックすぎて、ステージはチラチラ観られる程度。モニターもろくに観られない。
11:30、ミニライブ終了。退場にも時間がかかるが、写真会がおこなわれる2号館前の駐車場は、人、人、人の大渋滞。ミニライブを諦めて並んだ人もかなりいたから……。
この行列のなか、私の腕時計を見て、「茉夏……」と呟いた人がいた。流石。
d0077607_21020934.jpg

13:00頃、ようやく入場。まずは、二村春香のレーンへ。好対応。私のちゅりのスマートフォン・ケースを見て、「(色が)薄くない?」と笑うはるたむ。
13:40頃、休憩明けの熊崎晴香レーンへ。神対応!「来てくれてありがとう!」を全身と笑顔で示してくれた。また、私が退場するタイミングで誰かがレーンの柵が倒したことについて、気遣ってくれた。
14:40頃、次のメンバーに並ぶ前に一旦会場を出て、食事とトイレとドリンク購入を済ませた。
15:20頃、古畑奈和レーンや菅原茉椰レーンに並ぶことを考えるが、あえておそろしいほど長蛇の列になっている松井珠理奈レーンへ。
……ここで、ひたすら時間が過ぎる。
18:30、すべてのレーンの受付が終了。現在並んでいる人は写真を撮れるが、新たに並ぶことはできなくなる。この時点で、ようやくあと少しで珠理奈の元へ、という位置。
18:45頃、珠理奈と写真撮影。時間は短くても超神対応!!私のスマートフォンのケースを指差し、「だれ?」と聞くから「ちゅり」と答えると、「今日おらんもんね〜」と心底残念そうに同調してくれた。なかなかできることじゃない!他メンのファンと知りながら、きちんと心で対応できる珠理奈、もはや道徳の教材になっていいレヴェル。
そんな訳で、券を4枚残して終了。前々日にタワレコになかったから、前日にハーミットクラブで初回盤を3枚追加購入したというのに。
予定では、古畑奈和、菅原茉椰、(欠席だったが、当初は登場予定だった)荒井優希、江籠裕奈レーンで使うつもりだったんだけどな……。
[PR]
by xf5u | 2016-08-27 19:37 | Comments(0)