釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

『ナラタージュ』

d0077607_20503741.jpg

映画『ナラタージュ』(監督:行定 勲)を観た。
最初のほうから「怪しいな」とは思っていたけれど、靴が出てきて、そして……。足、特に裸足の足に関して思いっきりフェティッシュな作品だった。
雨とかシャワーとかプールとか、濡れる場面もフェティッシュだった。
男目線、女目線のどちらにも立ちながら鑑賞したつもりだが、やはり恋する男は愚かだね。ぜったいに言ってはいけない言葉を最悪のタイミングで吐く。自身の経験に照らしても(以下、略)。
ナレーション+モンタージュでナラタージュ。映画用語ではあるが、まったく説明はないから、観終えた客たちの中には、タイトルの意味がわからなかったケースも多いんじゃないかな。
ロケ地は富山だと、エンディングで知った。原作は違うらしいけど。
エンディングの曲もとても良かった。
[PR]
# by xf5u | 2017-11-06 20:48 | Comments(0)
d0077607_22013081.jpg

映画『ブレードランナー2049』《BLADE RUNNER 2049》(監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ)を観た。
長いし、賛否両論あるのはよくわかる。私は、支持派。見事に35年のインターバルを経て、これだけの作品をつくってくれたと感謝したい。
まず、ちゃんと“うどん”が継承されていて、嬉しかった。
本作の魅力のひとつは、猥雑さだと思う。森博嗣の小説・Wシリーズには人造人間ウォーカロンが活躍するが、ここまで猥雑な感じはない。永野護のコミック『ファイブスター物語』のファティマたちは、その部分も大いにもっているが、またテイストが異なる。
この映画のジョイ、そして街中のホログラム広告(?)は、もっと直接的だ。ただ、終盤、おそらく仕事帰りの男を誘うためであろうメッセージが、主人公の心理と重なって響くあたり、上手いと感じた。
アイデンティティと人間性を揺さぶるストーリィ展開が、実に美しい。
様々な道具立ても素晴らしい。
個人的には、後半、犬の行く末が気になりすぎて集中しきれなかったのだが。
d0077607_14241533.jpg

パンフレットのほか、ステッカー・セットやポストカード・セットも買ってしまった。
パンフはラスト1部だったし、パーキングビルの清算をしたとき、駐車場の6時間無料サービスが、残り1分を切っていた。
いろいろとギリギリセーフで帰路についた。

[PR]
# by xf5u | 2017-11-04 22:00 | Comments(0)

『ミックス。』

d0077607_17133533.jpg

映画『ミックス。』(監督:石川淳一)を観た。
かなりの収穫だった。はじめのほうは「いかにも邦画」な展開だったが、途中から、どんどんおもしろくなっていった。
特に、最初に四川料理店の店主が喋ったシーンで、台詞が途中でぶった切られたとき、声を出して笑ってしまった。この編集は上手い。普通、最後まで聞かせようという欲が出るはず。本当に見事だった。すっかりしてやられた気分になった。
四川料理店といえば、蒼井優も最高だった。コメディエンヌとしての振り切りがハンパない。
考えてみれば、『Fate/stay night』に続く麻婆豆腐映画なのか……。
ガッキーがランニングし、瑛太がセメント袋を運ぶシーンは、ほとんど『ロッキー』だった。ガッキーがロッキーって……。ロッキーは吊り下げられた肉を叩いていたっけ。
予想では、不登校少年がミニトマト農家を継ぐことになって……と考えていたが、そこまでやると、さすがにやり過ぎか。
[PR]
# by xf5u | 2017-11-04 17:12 | Comments(0)
d0077607_09564478.jpg

『ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Ancer the Vanity?』(森 博嗣・著)を読み終えた《相性B+》。
いつも以上にネタバレ・モードで書く。
後半、ウグイが登場すると、会話が格段におもしろくなった。
結局、ラジャンとラビーナの関係は、ペガサスとオーロラの関係に似ているのか。
アミラにしてもデボラにしても、オーロラやペガサスやベルベットにしても、人間に近づくと、人間の危うさまでも内包してしまうのか?まるでウィルスのように。
人間とウォーカロンで始まったWシリーズだが、AIやトランスファなどの登場で、なかなか賑やかになった。
この気分のまま、今日こそ、映画『ブレードランナー2049』を観にいくとしよう。レプリカントの“その後”を見届けるためにも。

[PR]
# by xf5u | 2017-11-04 09:52 | Comments(0)

『猿の惑星:聖戦記』

d0077607_22275312.jpg

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』《WAR FOR THE PLANET OF THE APES》(監督:マット・リーヴス)を観た@109シネマズ明和。
シベリア抑留みたいなシーンがキツかった。完全に猿の目線で観る映画だろう。
オランウータンのモーリスくんを推していたので、彼が傷つかなかったことに安心した。
しかし、今作こそラストに自由の女神像が絡んでくるはず……と踏んでいたのに。そうすると、ティム・バートン版の立場がなくなるから?
[PR]
# by xf5u | 2017-11-03 22:26 | Comments(0)

『氷菓』

d0077607_22260082.jpg

映画『氷菓』(監督:安里麻里)を観た@109シネマズ明和。
よく考えたら、昔むかし原作を読んで「ダメだこりゃ」ってなり、米澤穂信を遠ざける原因となった作品じゃん。汚名挽回チャンスのつもりでトライした『インシテミル』にしたって、原作も映画もつまらなかったし……。
各キャラクタの「おきまりの台詞」はなんだかアニメっぽい。
いちばん気に入らなかったのは、割と近い時間に同じ回想シーンを繰り返したこと。せめて、アングルを変えるなどのひねりが欲しかった。まんまリピートじゃ、嫌気がさす。
そもそも、本作で語られる“真実”って、結局はことば遊びレヴェルだと思う。謎解きカタルシスに欠ける。
……と酷評っぽくなってしまったが、広瀬アリスに罪はない。
いろんな映画でよく見る飛騨高山の風景が、本作でも見られた。
[PR]
# by xf5u | 2017-11-03 22:24 | Comments(0)

なんだかんだで

d0077607_01120864.jpg

なんだかんだでゲロゲロに忙しい。
しかしまあ、グチったところで前へは進めないから、ひとつひとつやっつけるしか。
とりあえず、明日は休めそう。
明和まで出て、映画みてこようかな。
[PR]
# by xf5u | 2017-11-03 01:09 | Comments(0)

夜、冷えたから

d0077607_00371731.jpg

写真は、『信州そば・麺 そじ坊(名古屋セントラルパーク店)』さんの、「手造り出し巻」(490円)。
ハロウィン・ナイトも日付を超えたが、今夜も愛犬ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)とふたり、ハイウェイオアシスを歩いている。
ゆうべは、この秋いちばんの冷え込みだったようだ。
だからだろう、寒冷地の夢をみた。
印象に残っているのは、ペンギンを虐待する奴に怒りを燃やす場面と、北海道でヤクザや妖怪から逃げる場面だ。
北海道旅行中、ガイドから「一般には流通しない特殊なジャガイモが売られていることがありますが、売人はたいていヤクザなので気をつけましょう」と言われる。
商店街では、ところどころで10円弁当などの驚異的コスパの商品が販売されている。歩いているうち、そんな闇商品を扱うヤクザがひしめく裏路地に迷いこんでしまう。
なんとか元の通りへ戻ろうとするが、どうしても出られない。
やがて、妙に肉感的な女から、「3000円で元の世界へ戻してやろう」と持ちかけられる。
交渉成立し、戻るためのバスを待っていると、謎の老婆や妖怪たちが現れ……。
そんな感じの夢だった。
妖怪って……、中二病か!
[PR]
# by xf5u | 2017-11-01 00:29 | Comments(0)
d0077607_00272105.jpg

台風一過の月曜。休日出勤の振替休日だ。
天気は回復したが、風はビュンビュン。濁りは残るだろうし、エリア・トラウトは中止にして正解だったと思う。
そこで、ダメもとで応募したら当選したので、「SKE48・チームKⅡ『0start』公演 9月・10月お客様生誕月公演@サンシャイン栄・SKE48劇場」に参加した。
ビンゴ抽選は15順目で、9列目の席しか取れなかったけど、控えめに言って最&高だった!
まず、前座ガールが荒井優希だったことから俺得。
そして、奥さん(高柳明音)と妻(古畑奈和)が大活躍で、超俺得!!
よこにゃんは果てしなくかわいく、ゆまなのMCはおもしろすぎた。
あいりが妙に綺麗になっていたし、えご天の成長も感じた。
かおたんがなんだかかわいく見えたのは……TNB補正?
アンコールでは『涙サプライズ!』も歌ってくれて、実際の誕生日には右手の骨にヒビが入って激痛に耐えて過ごしたことが報われた気がした。
d0077607_00350641.jpg

最後に全員が貰えた直筆メッセージ・カード、私はおしりんのカードだった。
d0077607_00480626.jpg

ちゅり生誕Tに加えて……。
d0077607_00480673.jpg

諦めていた木﨑ゆりあ卒業Tもシアター・ロビーで買うことができた。
忘れられない、かなり幸せな日になった。

[PR]
# by xf5u | 2017-11-01 00:21 | Comments(0)
d0077607_00212150.jpg

14:58、『ホテル・カリフォルニアの殺人』(村上 暢・著)を読み終えた《相性B》。
腰巻(帯)にも解説にも、「本格」の文字が躍っているが、果たして本格なのか?そうなのか?
物理トリックはとてもちゃんと機能するとは思えないし、警察の捜査にも数々の疑問が残る。
なにより、読了しての爽快感がなかった。「そうだったのか!」と膝を打ちたかったのに……。
そもそも、虹の七色になぞらえた部屋が登場したとき、主人公の日本人にとっては虹は七色でも、各国それぞれに数え方はあり、ネイティヴ・アメリカンにとっては……みたいな展開になると踏んだのだが、虹なんてほとんど関係なかった。
う〜ん、いろいろ惜しいかなぁ。
[PR]
# by xf5u | 2017-10-30 15:41 | Comments(0)