釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u
 今日の午後は、四日市で勤務していた頃のクライアントのNとかる~く釣行した@白子公園釣り桟橋。石ゴカイ一杯だけ買ってお気楽にやる、F氏の言う「少年の釣り」だ。私はなぜかトントンとシロギスを8匹釣った(かなりバラした)。そして「さすらいの外道釣り師」(名刺にもそう書いてある)の面目躍如、巨大なヤドカリを釣った。大げさでなく本当に「ヤシガニかよ!?」って思うサイズだった。地元の方曰わく、「昔は港の中、船によくついていたけど、こんなのは久しぶりに見た」とのこと。早速撮影し、マイでじかめ釣魚図鑑に収録させていただいた。
 でじかめと言えば、ファミリーマートの「ファミポート」での「いますぐプリント」サービスが8月末で終わるとのこと。すごく残念だ。
 またコンビニと言えば、今日、コカ・コーラが出した『澄香茶』を見つけて、早速飲んでみた。「アロマとカラーでリラックス」のコピーどおり、「ラベンダーとスウィーティーのかすかな香り」がステキだ。何よりネーミングがグッド。「澄香」を逆にすれば、ワタシの大切なメル友「かすみ」になるじゃん!しかも漢字まで一緒だから驚き!~帰りにもう一本、買っちゃったぜ。
 一本と言えば、本は『彼女はたぶん魔法を使う』(樋口有介・著)を読み終えた《評価A’》。考えたら私、この「柚木草平シリーズ」は第4作『誰もわたしを愛さない』を先に講談社文庫で読んじゃってるんだよね。こうして創元推理文庫でシリーズ化されると、既読の第4作を含めてコンプリートしたくなる。悪い病気だ。
 コンプリートと言えば、生茶パンダの都道府県シリーズ、「東京b・江戸前寿司」を入手して、東京が2つあるから全48種なんだ、とわかった。
[PR]
# by xf5u | 2006-08-16 22:43 | Comments(0)

限りある命だから

 結局、3日連続映画館というワケで、『ゲド戦記』を観た@名駅ピカデリー1。映画のテーマって、8年ほど前にワタシが書いた脚本『鯛と肉』と同じぢゃん。「限りある命だからこそ、いつか終わりがくるからこそ、今を思い切り生きるんだ」ってコトっしょ。その後、旧友で元スイマーのMさんと会った。半年ぶりだけど、変わってないし、それこそ一所懸命なひとだ。ワタシは映画よりMさんに感動した気がするんだ。
[PR]
# by xf5u | 2006-08-15 22:52 | Comments(0)

近鉄の車窓から

 おとといは『スーパーマン・リターンズ』を観たが、きのうは『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』を観た。『スーパーマン~』のクラーク・ケントとロイス・レインを観ながら、自分がウルトラセブンであることをアンヌに告白するモロボシ・ダンやミキちゃんの前で悲痛な声で「でぇびぃぃぃる」と変身する不動アキラのことを考えていた。そこで留まるべきだったが、かつて『ウイングマン』なんておバカ漫画(アニメ)での「北倉先生がキータクラーだったのか!」なんて史上最強のマヌケなセリフを思い出してしまった。『パイレーツ~』はまさか話がちゃんと終わってないなんて知らなかった。『帝国の逆襲』や『リローデッド』かよ。これまたタコ野郎の連想でクトゥルーや『スター・ウォーズ』のスクィッド・ヘッド(何年も経ってから正式な名前が決まったんだっけ)のコトを考えていた。雑念が多いと映画に集中できないね。ま、『パイレーツ~』なんて、映画というよりアトラクションみたいなもんだったけど。今朝はナイアス連れて墓参りした。これから名古屋に出て旧友と会うとしよう。
[PR]
# by xf5u | 2006-08-15 12:29 | Comments(0)
 今日は津のマイカルで『スーパーマン・リターンズ』の先行上映を観た。いかにも続篇つくりますぜ、っていう展開だなぁ。しかしもう球場のシーンだけで大満足~これはやはり劇場で観なきゃ。テレビモニタでしか観られない人に同情を禁じえない。今、テレビ『世界ウルルン滞在記』では大地康雄がエーゲ海で釣りをしている。激うらやましい!めちゃ行きたいぞ、エーゲ海!釣りたいぞ、でっかいサカナ!ところで、最近まったく見ていなかったauの伝票みたらパケット通信料がヤバいくらい高い!なんだ?ez‐webのせいか?なんか対策を講じねば!料金プラン変更か?~どうすべえ?
[PR]
# by xf5u | 2006-08-13 22:46 | Comments(0)

きょうも、かすみ通い

 今日はいよいよ二級小型船舶免許試験実技講習最終日(漢字並びがエヴァっぽい)。風の影響が懸念されたため、昨日のうちに蛇行の審査は終わっている。だから今日は落水者救助に離岸、着岸、変針、後進、ロープワーク、点検などの審査がある。かすみ埠頭通いも今日で一段落だが、釣行でのかすみ通いもいいかも。そういえば、去年PSPでやってた『どこでもいっしょ』のカエルにつけた名前も『かすみ』だったっけ。知人のかすみさんはプリチーだし、格闘ゲーム『デッド・オア・アライヴ』のくのいちかすみは巨乳キャラだ。だからどうって言われても困るんだけどさ。
[PR]
# by xf5u | 2006-08-12 12:20 | Comments(0)

船尾まわり、よし。

 今日と明日は二級小型船舶免許の実技講習&審査。職場では大事な研修がある日なのでワタシはゆうべから原因不明の高熱というコトになっている~ま、ほとんどの人には自分でバラしたのだが。午前中は発進、増速、転進、蛇行なんかをやった。暑いし眠い。相変わらず弁当は旨かったが、満腹だけに余計に眠くなる。午後はとりあえず結索から、かな。離岸・接岸がいちばん心配かもしれない。あぁ、釣りの実践に行きたいぜ。
[PR]
# by xf5u | 2006-08-11 12:43 | Comments(0)
 文庫よむのを中断して、『北野誠怪異体験集 おまえら行くな。』(北野 誠・著/加藤 一・編)を読んだ《評価B+》。ABC(大阪朝日放送)ラジオで『サイキック青年団』を聴いているので、けっこう知っている話もあったが、トンネルの話なんかはやっぱり怖気をふるう。イニシアルで書いてあっても、「池田貴族だ」「大川興業だ」と正体がわかるのもまた一興。
 今朝は「エビアン」の購入者チャレンジ・ゲームのキャンペーンで、「オリジナル・テディベア・ストラップ」を当てた。これで6~7回チャレンジしたので、もっと早く当たっていても良かった気がするが~やはり嬉しいものだ。最近、ウチのパピヨンのためにエビアンをよく買う。パピヨンって、フランスやベルギーが原産だから「フランスの水が合うかなぁ」と与えたら、旨そうに飲むもんだから……、嗚呼、犬馬鹿。
 この新ブログを立ち上げてから、このパピヨンのことは書いてなかった。理由はふたつ。①行方不明だった紀州犬のコトが気がかりでならなかったから②私がパピヨンにつけた名前はけっこう有名で、この名前で検索されたら新ブログが見つかってしまうから、というワケ。でもまぁ、もう見つかっちゃってもいいから、バンバン書いていこうと思う。
 ウチには今は、3匹の犬がいる。いずれもワタシが買ってきたものではない。父親が買ってきたものだ。とりあえず、今回はそいつらを紹介しておこう。
 ☆その1:紀州犬『シル=ヴィス・レス・ヴィナース』(♂)
              ※私以外は「台(ダイ)」と呼ぶ
   ○2005年1月15日生まれ。茶色(血統書では「赤胡麻」と表現)。
   ○天然記念物、らしい。
   ○2時に帰ろうが3時に帰ろうが迎えてくれるけなげなヤツ。
   ○祖母を咬んで計40針縫う怪我をさせたり、ガラス屋さんのお尻を咬んだりもしたが、
     私を咬むことは決してなく、手を口に入れても平気。
   ○けっこう気が小さい。すごく賢い。
   ○先日、松阪のMさん宅にもらわれていったが、バレーボールのネット・ロープを咬み
    ちぎって逃走、高茶屋で発見され、家に戻った。
 ☆その2:パピヨン『ナイアス・ブリュンヒルデ』(♂)
              ※私以外は「コロン」と呼ぶ
   ○小さいがやや体重重すぎ。5kgあるため、ときに「ワラサ」と呼んで揶揄してやる。
     それに対して紀州犬を「ブリ」と呼ぶコトもあり。
   ○「近海産かわはぎスティック」などが大好き。食い意地はりまくり。
   ○私を毎朝起こし、シャワーのときも洗面所で待機しているかわいいやつ。私の帰り
    が遅いとず~っと待っている忠犬。
   ○シルもナイアスも、幼犬の頃は、別に餌をやるでも散歩に連れて行くでもなかった
    のに、やたらと私になついた。「きれいな心の持ち主」を感じることのできる能力あ
    り。
 ☆その3:豆柴『ウピゾナ・ヴァーデンヴァーグ』(♂)
            ※私以外は「ヒビキ」と呼ぶ
   ○今のところ、母屋にばかりいるので、私との接触はほとんどない。おそらくシルもナ
    イアスも私にばかりなつくので、親としてはおもしろくないから私に会わせないように
    しているのであろう。
 これら以外に、秋田犬『エレーナ・クニャジコーワ』(♂)~※私以外は「ユウキ」と呼ぶ~もいたが、「大きくなる犬は、また祖母を咬む」との理由で、数日でもらわれていった。なお、私がオスの犬に女性名をつけるのには、特に理由はない。単に「響きがいいんだもん」というだけ。
[PR]
# by xf5u | 2006-08-10 13:38 | Comments(0)
 この間書いた「キリン生茶パンダ都道府県つながるマスコット」について、全種セット+コレクターズ・ボックスのネット限定販売があることを知った。……それって、オトナ買い以上の反則じゃん……とは思いつつ、10月予定の販売開始お知らせメール登録を済ませた。
 『月に吠えろ! 萩原朔太郎の事件簿』(鯨 統一郎・著)を読み終えた評価《B》。キャラクタは魅力的な実在の人物がモデルな訳だし、展開もおもしろいんだけど、謎の底が浅くて、ミステリとしてはちょっと食い足りないかな。例えば『なみだ研究所へようこそ!』みたいな感じになると、もうそれは「凄い!」の域に達するんだけれど。ま、タイトルが『月に吠える』と『太陽にほえろ!』の二重パロディになっているというだけで、実はかなりレベル高いと思ってはいますが。はじめ、「山さん」「ボス」などに気づかなかった……。わざわざ「七曲」がでてきたりもするしさ。今は『彼女はたぶん魔法を使う』(樋口有介・著)を読み始めようとしている。なんか、創元推理文庫って、活字的に特に読みやすいわけでもないのに、ミステリにはぴったりくる雰囲気があって好きかも。
 では、今日も排球で汗かきまくるとしよう。……台風の後って、思わぬ魚が釣れたり大漁だったりするから、海へ行きたいんだけどなぁ……。
[PR]
# by xf5u | 2006-08-09 11:01 | Comments(0)
 祝!!!シル=ヴィス・レス・ヴィナース(紀州犬)が戻りました。
 今朝職場へ出勤してすぐ、ケータイに着信があり、ディスプレイに「津保健所」と表示されました。期待と不安で電話をとると、まずは「青い首輪は新しかったですか?」との質問。「比較的新しかったです」と答えると、どうやら津南警察署で保護された犬の特徴と一致する様子。後から聞くと、あまりに新しい首輪であったため、発見者がつけてくれたものとの誤解があり、「首輪なし」の犬として情報がはいったとのこと。ともあれ2時間の年休届けを提出し、ケージを積んで津に向かった。
 「違っていたらどうしよう?」との懸念もありましたが、一度5Fで受付をし、犬舎で会うと、まさに我がシル=ヴィス!!!
 ふたたび5Fに戻り、震える手で手続きをしました。手数料3500円を払い、書類を作成し……、再び犬舎で対面すると、「不安と疲れと飢えで、気がたっているのでは?」との懸念をよそに、しがみついて顔をペロペロ舐めにきました!もう感無量、感動の対面です!
 その後、ケージに入れて車に乗せようとするのですが、なかなかケージにはいろうとしません。全力で抵抗します。きっと、同じケージに入れられて、松阪へと連れていかれたのが頭にあるのでしょう。「もう、どこへもやらないから」と説得し、最後の手段で、ケージの網の隙間にリードを通し、強引に引っ張って中にいれました。
 車中では、はじめのほうこそ不安そうにジタバタしていましたが、名を呼び、話しかけるうち落ち着いてきたので、ササミジャーキーなどの餌をケージに入れてあげました。すると、うまそうに食べるのです!もう、車酔いして戻してもいいから、どんどん食べさせました。あぁ、ハラすかしていたんだろうなぁ!かわいそうに……!!
 帰宅し、水と餌を与えると、こちらも一週間の気が気でなかった思いがよみがえり、座り込んでしまいそうになりました。しかし11時からは排球のおシゴトなので、急いで職場へ戻りました。
 松阪保健所、鈴鹿保健所、津警察、津南警察、鈴鹿警察、亀山警察に電話をいれ、犬が無事に戻ったことで、「台帳」から抹消してもらいました。津南警察署は、登録してある私に連絡せず、保健所に送ったことについて、「茶でなく黒に見えた」といいますが、どう見ても茶色なんだけどなぁ。
 更にシゴトが一段落してから、登録してあった迷い犬さがしのサイトにそれぞれ「発見」の報告をしました。
 でも、今日の保健所での光景~大・小の犬たちがキャンキャン吠えつつ、救いを求めていた光景~を忘れることができません。みんな、きちんと保護されるとは限らないわけですよね?いわゆる「処分」されてしまうコたちも多いんでしょうね?それを思うと、悲しみと怒りでやりきれません。また、今日も「迷い犬サイト」には、いなくなったペットをさがす飼い主たちの悲痛な声があふれています。一日もはやく、それぞれのペットと飼い主たちが再会されますよう、こころから祈ります。また、通報してくれた方、保護してくれた方には、いくら感謝してもしきれないほどです。
 「どんな姿でもいい、帰ってほしい」と願っていたのですが、シルには、怪我らしいものはありません。あの交通量の多い23号線を渡り、松阪から津の高茶屋まで来たということは、もはや奇跡的ですらあります。やはり亀山の我が家を目指していたのでしょう。車で連れていったのに、ヤツには、実家の方向がわかったんでしょうか。今までヤツがどんな思いであったのかを想像すると、もう、二度と手放さないという決意です。
 余談ですが、ゆうべ、台風接近のニュースを聞き、とにかく行方不明のシルが心配でした。「もう一生、魚なんて釣れなくてもいいから、シルに戻ってほしい」と願をかけました。だから、私は一生、釣行しても丸ボウズかもしれません。もう、それでもいいんです。
 はやく帰って、シルと遊んでやりたいなぁ。台風は来るけど、今夜シルが安心して、ぐっすり眠れますように。心配してくれた皆様、どうもありがとうございました。帰りにアイツの好きなもの買っていってやろう。今日は思い切り、甘やかしてやるつもりです。
[PR]
# by xf5u | 2006-08-08 16:29 | Comments(0)

パンダだらけ

 キリン生茶のオマケ、都道府県生茶パンダは全48種類。47都道府県でどうして48?という疑問はあるが、4ダースに合わせたってコト?とにかく現在14個コレクト。せっせと生茶飲むのはいいが、コンプリートに近づいてきたときに、コンビニで持ってないヤツさがすであろう自分がイヤだなぁ。
[PR]
# by xf5u | 2006-08-07 20:20 | Comments(0)