釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

五目、バカ客、招待状

d0077607_22152727.jpg

 予報では日曜日は完全に雨~というワケで、1日繰り上げて今日、クロダイかかり釣り(@志摩市磯部町「フィッシングセンター・マンボウ」さん)を決行した。同行者はMさん。しかし、結果はまたも惨敗。私が釣った五目には、クロダイ(チヌ)は含まれていなかった。セイゴ27センチ、ウミタナゴ、ボラ、ヒイラギ、クサフグの5種。Mさんはすべてクサフグで、彼が水面で1匹バラしたのは、ヒガンフグだった。私のウミタナゴをMさんは「キビレでしょう」と主張するが、自分にはウミタナゴにしか見えない。写真判定に持ち越そうと思う。それにしても、船頭さんはじめ、皆さんが「お久しぶり」と声をかけてくださるのは、「マンボウFC」さんのあたたかいところ、か。「石倉渡船」さんにせよ「餌昭」さんにせよ、私はいろんな人たちに支えられている。ありがたいことだ。帰路では伊勢の「つきよみ食堂」さんで伊勢うどんと伊勢かつ丼を食べた。「月読」なら「つくよみ」の筈だが、ここは「つきよみ」なのだ。しかし嫌だったのは、たまたま居合わせた観光客らしい一団。「店がない」「夜は何もすることがない」云々と、さんざん当地の悪口を並べ立てていた。そう思うのは勝手だが、当地の方々がいる前で、「今まで行った場所で、間違いなく最低」はないだろう。まったく、こういう連中は人を不愉快にさせる。そして、帰宅すると、待っていたものが3つ。①ちぎれんばかりに尻尾を振るナイアス。②こんど依頼された新しい仕事の資料(現金収入を得る仕事ではない)。③警察さんからの招待状。そう、③は路上記念撮影あるいはオービスと呼ばれるヤツのせいだ。国家権力が盗撮しておいて、それをネタに金をゆすりとろうとは~なんてことだ!まるで戦時中の赤紙だ!赤い光で赤いクルマに乗る通称「赤い彗星」の私を盗み撮りかよ?「赤い彗星」だけに、通常の三倍のスピードを……そんなには出してません。お願いだ、こうなりゃ反則金はちゃんと払うから、免停だけは~なんとかならんかなぁ……。
[PR]
# by xf5u | 2006-11-18 22:15 | Comments(0)

おねだりシル=ヴィス

d0077607_0252230.jpg

 これはシル=ヴィスのおねだりポーズ。約45分~1時間の散歩を終えると、「首掻いて」のあと、おやつをねだる。今夜も疲れたが、シルとの散歩のおかげで見事に輝く星たちを見ることができた。今夜は北海道方面で地震があり、関東までの太平洋沿岸に津波の警報や注意報が出された。この週末も計画しているが、筏でチヌ釣りをしているときに津波警報が発令されたら、もう逃げ場はないな。きっとワタシのことだから、助かることをあきらめても、最後まで釣りを続けるんじゃないかな。ワタシが死んだら、あばら周辺の肉を骨つきでイヌたちにあげたいな。最期の骨つきカルビだ。~それは冗談だが、私の棺桶には、中原中也の詩『春の日の夕暮れ』のコピーと、クロダイまたはクロダイの写真を入れてほしいな。詩集自体を入れてはいけない。もったいないから。コピーに限る。出棺のときのBGMは『Burning Blue』で、焼香のBGMは『Green and Gold』を希望。どちらもアルバム『The Five Star StoriesⅡ ーGreen and Goldー 』に収録されてマスカラ。
[PR]
# by xf5u | 2006-11-16 00:25 | Comments(0)

いまさらソレ?

d0077607_23132724.jpg

 サンデイ、干してあったブランケットで気持ち良さげにスリープするナイアス。←欧米か!
[PR]
# by xf5u | 2006-11-14 23:13 | Comments(0)

オトナ買いの極致。

d0077607_23352023.jpg

 写真はきのう届いた「生茶パンダ・都道府県ヴァージョン フル・コンプリートBOX」であります。オトナ買いの極致であります。実際に生茶をコツコツ飲んで集めたぶんはあと数個でフルコンプだっただけに、まったくもって、もったいない話でございます。そして、きょうの帰り道にはコカ・コーラ社のHotドリンクに付いていた「手塚治虫キャラクター・マスコット」に魅了され、ミルク・ティーにカフェ・オレにゆずレモンを買ってしまったのです。キャラは「ユニコ」と「ブラック・ジャック」と「メルモ」なのです。全12種あるのです。……どうしよう?甘いのスキじゃないのにさ。さてさて、いまこの時刻に夕食を終え、シルの散歩に出発なのです。ラヴ・レターの返事も書かなきゃ。~とは言っても、一通は「自由に外出できない施設」にいる女子高生で、一通は「骨の髄までオッサン」の男子中学生なのだけれどね。どういう生活を送っているんだろう、オイラったら。
[PR]
# by xf5u | 2006-11-12 23:35 | Comments(0)

そうか!

d0077607_2392812.jpg

 『ノブナガ』の「ごはんリレー」を観ていたら、映画『テキサスチェーンソー・ビギニング』のCFが流れた。そうか!チェーンソーの夢は、ここから来ていたのか……。たぶん間違いない。夢は周囲の情報から影響を受けやすい。写真はまったく関係のない「ペプシ・ゴールド」である。「ごはんリレー」の小泉エリちゃんは、大阪~神戸~養老と移動して、次回は福井へ。『テキサス~』は怖いからパスだけど、『トゥモロー・ワールド』はぜったい観たいなぁ。
[PR]
# by xf5u | 2006-11-12 02:39 | Comments(0)

シルの散歩から帰って

d0077607_254678.jpg

 今夜はなんか凹んだ。自分の正気を疑った。『エンタの神様』を観ながら眠ってしまったのはいいが、みた夢が問題。その内容は~「連続強姦魔がどうしても許せなくて、ホテルの一室で両腕をチェーン・ソーで切り落として惨殺し、あまつさえ、知らんふりしてその家族と一緒にバーベキューをする」というもの。おそらく無理な姿勢で寝ていて、腕が痺れていたのが一因だろう。しかし、あのチェーン・ソーの爆音と血しぶきはどこからきたのだろう。殺された強姦魔が体操選手という設定は、つけっぱなしのテレビからスポーツ・ニュースが流れていたせいだろう。圧巻は、すでに死体が発見されているはずなのに、体操選手の家族がキャンプ場に到着する場面。「はたしてどのタイミングで『あれ?○○○くんは?』と尋ねるか」と駆け引きする自分は、心臓バクバクだった。あまりにも後味の悪い夢は、きょう1日の気疲れからきているのだろうか?半分接待のような旅行、空気を読まないバスガイド、旅行中も幾度となく入る仕事上のトラブルの電話……。やっぱり参ったなぁ。コロッと話は変わるが、今夜の日本バレーは良かった。セルビア・モンテネグロ相手に2セット先取されながらも、3セットキメた逆転勝利。さおりんの笑顔も、いつも以上に輝いていたので、思わず画撮しちゃったぞ。高橋みゆき選手や杉山祥子選手は直筆サインが家にあるんだが~さおりんのサイン、欲しいなぁ。それにしたって、今夜の名古屋笠寺レインボー・ホールに来ていたWaT目当てのミーハー客も、試合の流れに目を奪われたんじゃないかな。さ、『ごはんリレー』観よっかな。
[PR]
# by xf5u | 2006-11-12 02:05 | Comments(0)

たべものだもの

d0077607_1702214.jpg

d0077607_1702285.jpg

 近江八幡の旅は終盤。それにしても、どうしてこんなに眠いのだろう。さっきから居眠りしては、電話やメールに起こされてばかり。きょうの私の餌~近江牛のすきやき@「岡喜本店」さんとパフェ・フォンテーヌ@「CLUB HARIE」さん。すきやきは適量だったし、おいしかったけれど、牛肉を食べるたびに焼き肉屋さんで働くノリスケくんを思い出すね。癒やしの人なんだよな、ノリスケくん。「CLUB HARIE」さんでは、賞味期限本日限り&ひとり5カット限りの(有名な)バームクーヘンも買った。頼まれた「丁字麩」も買ったし、「たねや」さんの末廣饅頭も買った。たべものばかりの旅かもしれないな。しかし旅って、「どこへ行くか」よりも「だれと行くか」じゃないのかな。きょうは半分シゴトだから純粋な旅行ではないけれど、気のおけない人とのんびりした旅をしたいな、たまには。それにしても、きょうは古い町並みをたくさん見て歩いたが、バスガイドまで時代がかっていたのはどうかと。2号車は若い人でうらやましいぞ、っと。
[PR]
# by xf5u | 2006-11-11 17:00 | Comments(0)

盛者必衰

d0077607_10535466.jpg

d0077607_10535468.jpg

 きょうは半分シゴトの旅行で、近江八幡なのです。とりあえずは滋賀県水口の「大池寺」さんへ参拝。写真は庭の「沙羅双樹」であります。無常なのです。しかし、庭を愛でつつも腹がへるのが凡人のかなしさよ。次の近江牛「岡喜本店」さんまで待ちきれず、甘えび味のチップスをつまんでしまうのでした。ビンゴゲームでは同時ゴールの5人でじゃんけんをし、惜しくも商品券千円は逃したけれど、マクドナルドの五百円カードをゲットなのです。
[PR]
# by xf5u | 2006-11-11 10:53 | Comments(0)

ふいうち

d0077607_1482890.jpg

 さっき、ひょんなことから時間がすこし空いた。手の届くところにあったので、つい何度も読んだ『デューク』(江國香織・著)を手にしてしまった。冒頭のデュークが死ぬ場面で、もう、どうしようもなくなった。「もし、ナイアスが死んでしまったら…」と考えただけで、胸がつぶれそうだった。悲しかった。苦しかった。自分が死ぬほうがマシだった。あぁ、「犬馬鹿」って、こういう人種なんだろうな。
[PR]
# by xf5u | 2006-11-10 14:08 | Comments(0)
d0077607_22353369.jpg

 きのう購入した、上原あずみのセカンド・アルバム。タイトルは『生きたくはない僕等』。たしか4年ぶりのアルバムのはずだ。『青い青いこの地球に』『Bye Bye My BLUE SKY』の頃の、過剰に80年代ポップスを意識したメロディ・ラインは少々影を潜めたかに見えるが~しかしなお、あえてイマドキを避けたようなつくりになっている、と思う(一文が長いね)。活動休止から再開に至る事情を実はよく知らないのだ。ただ、その孤高に思える位置づけにも、文学的なのかどうか微妙な歌詞にも、惚れ込めるのだ。大量生産&大量消費の歌では、時として喰い足りないのだよ、ガルマ。姉上と仲良く暮らすがいい。
[PR]
# by xf5u | 2006-11-09 22:35 | Comments(0)