釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

d0077607_19030923.jpg

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(監督:李闘士男)を観た。
共演者や撮り方のせいだろうが、劇中、妙に榮倉奈々が巨大に見えるシーンがあってビビった。
また、クリーニング屋の前を子どもが走るシーンで、今どき「わー!」って言わせる演出はないわ……。
そんなふうに文句から書いたが、総じて良い作品だった。佳作。
だいたい、毎晩こんなふうに出迎えてくれるなんて最高の妻なのに、何を悩むことがある?
そして、夏目漱石の翻訳なんて、もう常識だと思うんだけどな。そういえば、前半にもう一つ文学ネタがあったけれど、何か忘れた……。
エンディングのチャットモンチーを含め、かわいくラッピングされた世界観だが、描いている内容はけっこうシビアなものがあった。
[PR]
by xf5u | 2018-06-10 18:55 | Comments(0)