釣りと読書(主にミステリ)と映画のあれこれ


by xf5u
d0077607_22203610.jpg

『調味料検定 公式テキスト』が届いた。
次のターゲットが決定した。
ちなみに、写真でテキストの下にあるダンボール箱には、ボークス製のIMSシリーズ「1/100 ヴァイ・オ・ラ(クルマルス2)」が入っている。
昨日オーダして、もう今日届くとは。
[PR]
# by xf5u | 2018-05-10 22:17 | Comments(0)
d0077607_00300359.jpg

市内一斉定時退勤の水曜。
帰宅して猫を甘やかしつつナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)をピックアップ。
獣医で狂犬病の予防接種と血液検査とフィラリアの予防薬の処方をしてもらう。
このとき、ナイアスの体重は8.68kg。どんな本にも、パピヨンの体重は最大3.6kgと書いてあるんだよな。
録画してBDに焼いたまま放置してあったアニメ『化物語』を、運転しながら観る。「ひたぎクラブ」から「まよいマイマイ」「するがモンキー」ときて、「なでこスネイク」のクライマックス。
強風のなか公園を散歩し、小腹が空いたから「とんてき焼きそば」を食す。
書店に立ち寄り、開いた今月の『FSS』では、「パルスエット 二羽の小鳥」のエピソードが完結した。チャンダナの真顔で、ダイ・グ・フィルモアの危機を知る。
そういえば、ゆうべ寝る前『モデルグラフィックス』誌で見た作例が忘れられず、朝からボークス製のインジェクション・キットIMSシリーズから「1/100 MH ヴァイ・オ・ラ(クルマルス2)」をネットオーダした。1万円ちょっとの出費。
書店では、乃木坂46・西野七瀬の1stフォトブックも、あわせて購入。
セブンイレブンで明日の朝食用のパンを買い、SSで給油して帰宅。
夕食を食べたら眠くなり、ナイアスとくっついたり離れたりしながら眠る。
でも、また顔ペロペロでナイアスに起こされる。
何度か寝落ちを繰り返し、不満げにひと声吠えたナイアスに、「散歩いく?」と聞くと、みるみる笑顔に変わる。
昔読んだ本に、「犬には表情がありません」と書いた著者をぶん殴ってやりたくなる。
再び、いやみたびかよたび猫を甘やかし、ナイアスとクルマでハイウェイオアシスを歩く。
そんな今。
[PR]
# by xf5u | 2018-05-10 00:08 | Comments(0)

脱出、そして帰還

d0077607_23113140.jpg

3日に行方不明になった黒猫のアーリィ・ブラストが帰ってきた!
今朝、アーリィが帰る夢をみたが、夢のなかで夢と気づき、「目覚めたときに淋しすぎるから」と、夢を否定した。
夜、豪雨の後、いつものようにナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)と散歩しながらアーリィの名まえを呼び続けたが、反応なし。
失意のうちに戻る途中、自宅近くの草むらで、か細い声で鳴く猫が!すぐにアーリィとわかり、泣きそうになった。
連れ帰っておやつを与えたら、すごい勢いで食べる食べる!おなかをすかせてたんだね……。
こんなに嬉しいことはない。ゆるしてくれるよね。ララァには、いつでも会いにいけるから。
[PR]
# by xf5u | 2018-05-07 22:58 | Comments(0)

『リップステイン』

d0077607_00061758.jpg

23:58、『リップステイン』(長沢 樹・著)を読み終えた《相性B+》。
腰巻(帯)に「青春本格ミステリー」とあるが、断じて“本格”ではない。伝奇SFの要素が濃いから。
あからさますぎるミスディレクションにハマり、後半は急かされる思いで読んだ。
読んでいる途中、中断して映画館へ行ったが、そこで観た『娼年』の監督である三浦大輔の名まえが作中に出てきてびっくり。一種のシンクロニシティ?
[PR]
# by xf5u | 2018-05-06 23:59 | Comments(0)

『娼年』

d0077607_22472451.jpg

映画『娼年』(監督:三浦大輔)を観た@センチュリーシネマ。
オトコの尻がいっぱいの作品。もちろん、女優陣も体当たりの演技だけれど。
総じて楽しく鑑賞したし、観て良かったと思う作品だが、私の感性とは合わない部分もある。
例えば、街の名まえが表示されるとき、下に小洒落たフォントでローマ字表記が付くこと。妙に安っぽく感じて気に入らなかった。
また、無駄にジャズィなBGMにも、ちょっと苦笑。曲自体は良いが、合っていないと感じた。
それから、これは苦言ではないが、骨折のシーンがキツかった。思わず、目を背けたから。
d0077607_21032005.jpg

客層、女性客が多かったけれど、カップルの客は……気まずくないの?
監督は、『愛の渦』『何者』の三浦大輔。帰路、JRの車内で文庫本を開いたら、登場人物の部屋に三浦大輔の本があるという描写があり、驚いた。長沢樹の『リップステイン』。
[PR]
# by xf5u | 2018-05-06 22:46 | Comments(0)
d0077607_22441896.jpg

映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅵ 誕生 赤い彗星』(総監督:安彦良和)を観た@ミッドランドスクエアシネマ。
最後に次作の告知がなかったことが、たまらなく切ない。ひとつのピリオドなのだけれど。
作品としては……もう、申し分ない。文句なし。至高。
マゼラン級旗艦アナンケがムサイからメガ粒子砲を浴びせられまくってもなかなか沈まなかったのは疑問だったが、ちっちゃいことは気にするな。
レビル将軍……、はからずもそんな役割を担ってしまったわけか。
d0077607_23335580.jpg

入場者プレゼントのミニ色紙、全10種類をコンプリートする猛者はあらわれるのだろうか?私は、いちばん欲しかった安彦良和によるアムロ&フラゥを引き当てられたので大満足。
d0077607_23335634.jpg

今回もLPサイズジャケットのCDを買った。今までの主題歌と違いBGM集だったから、いつもよりちょっと高価だった。
d0077607_23335692.jpg

もちろん、パンフレットも買ったさ。

[PR]
# by xf5u | 2018-05-06 22:41 | Comments(0)

「妖怪・ミイラ展」

d0077607_22502922.jpg

「妖怪・ミイラ展 〜浮世絵から幻獣ミイラまで〜」@PARCOギャラリーを鑑賞した。
これまた、ドニチエコきっぷで200円割引になるのでありがたい。
展示内容はイカモノ感バリバリだが、そこが良い。
d0077607_21095903.jpg

写真は、“三頭竜”のミイラだそうだ。
ほかにも、雷獣や河童、件などなど。
写真撮影OKなのも楽しい。
[PR]
# by xf5u | 2018-05-06 18:01 | Comments(0)
d0077607_20544600.jpg

名古屋市美術館の「至高の印象派展 ビュールレ・コレクション」の前売り券を買った。
「絵画史上、最強の美少女。(センター)」というコピィで話題になったアレが、名古屋に来る。「美少女」を「センター」と読ませるセンスに脱帽。
その美少女はルノワールの『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』だが、モネとかいろいろ楽しみだらけ。
[PR]
# by xf5u | 2018-05-06 17:35 | Comments(0)
d0077607_17072961.jpg

『ソラノイロ NAGOYA(名古屋ミッドランドスクエア店)』さんで、「銀の煮干し ソーキソバ(塩)」(1000円)を食べた。
久しぶりに訪れたお店で、久しぶりのメニュー。
どうも、メニューが改まったばかりのようで、「銀の煮干し」は復活メニューらしい。
オープン当時から思っているが、せっかくここまで完成度が高いソーキソバを提供するのなら、ぜひ置いてほしい、島とうがらしを。
そこだけがマイナス要素だが、ほかは一切、文句なし。おいしい。
[PR]
# by xf5u | 2018-05-06 17:06 | Comments(0)

いのちをおもう

d0077607_13214362.jpg

ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)と出かけた公園で文庫本を読んでいたら、ページに小さな小さなダニが歩いていた。マダニよりもずっとずっと小さなダニが。
傷つけずに払いとばすつもりで、文庫本に挟まれていた「新刊案内」でサッと払ったら、朱色の体液を残して死んだ。死体すら残らなかった。
殺すつもりはなく、むしろ助けるつもりの行動だったのに。
そして、ずっと頭を占めている黒猫のアーリィの現在を案じる。庭に住みつき、懐いて甘えるようになったアーリィ・ブラスト。
食事が下手で、他の猫に横どりされるから、抱きあげて餌をあげたアーリィ。柔らかく煮たササミが好きなアーリィ。
3日の夜、ナイアスとの散歩にずっとついてくるから、クルマの往来がある商店街で心配になり、抱いて歩いていたら、向こうから来る歩行者におびえて私の腕から跳び降り、行方がわからなくなった。
前回は、1時間抱かれていても平気だったのに。同じように行方不明になった黒猫のマウザーは2、3日で戻ったのに。アーリィの名まえを呼びながら、ずいぶん探したのに。
誰かに保護され、かわいがられているならいいけれど。悪い想像は、私の胸を潰す。
ゆうべ、ラジオから流れた『ぼくが死んでしまっても』の歌詞をかみしめて、あらためて、いのちをおもう。
ナイアス=ブリュンヒルデ(パピヨン)がいなくなったら、このブログかツイッターにでも言葉を遺し、静かに後を追おうとしている自分だけれど。
[PR]
# by xf5u | 2018-05-06 13:12 | Comments(0)